みなさんこんにちわ。さたどらでございます。
一年かかった里見の謎も、いよいよ完結です。がっちりいきますですよー!



前回は、人口が極端に減ったタテヤマーナをお送りしました。
町の人口の大半がどこかへ行ってしまいました。
話によると、ヌーの総本山へ皆行ってしまったとのこと。
時の要石は護ったはずなのに、何故なのでしょうか。


この謎を解決するために、先にこの時代に帰ってきているヘッケル博士から話を聞くことに。






時の要石が時空間をさまよったって…………
動かすと世界が滅ぶはずの要石、思いっきり動いてるじゃねえか。
ヌーの奇跡…………なわけないよなあ?


そんなことを色々考えていると、なんとヘッケルが「儂も行く」とか言い出す始末。






それが目的かよ!!


なんという斜め上の展開。流石の筆者も、このジジイがパーティで戦うことになるとは、全く予想もしてませんでした。
目の前にいるはずの敵に気を取られていたら、股間の下からパンチが飛んできたぐらいの衝撃ですよ。






しかもめっちゃ強いし。大臣?


HPだけでも既に夢若クラス。それに加えて、心技も普通に高いです。
……最初からこのジジイが一人で戦えば、全て解決したんじゃないですかねえ……?
なんせ頭装備が「機械の頭」。既に人間辞めてるとしか思えません。
こんなガチガチの装備をした研究者なんて見たくねえ……(;´Д`)


この後装備を整えるため、コンビニへ行きます。
まあ売り物の顔ぶれが変わってなければ、全く見る価値もないですが……






神 の 鉄 拳 。


お前は何を売ってるんだあああああああああああああ!!!
本当にここはコンビニなのかよ!!


何はともあれ、全額叩いて神の鉄拳を購入。材質は一体何で出来ているのでしょうか。
そしてヘッケルには見えない力を装備。もはや何が何だかわかりません。
ま、まあ強ければなんでもいっか…………


装備も調えたし、いよいよヌーの総本山に突撃だ!と意気込んで、駅へ向かう夢若。
しかし駅に入ろうとすると、「何か大切なモノを忘れてきた気がする」というメッセージが出て、
強制的に前のマップへ戻らされてしまいます。
大切なもの…………このゲームの伏線でしょうか。
そもそも回収できる伏線なんてあったっけ?



そんなわけで、手当たり次第タテヤマーナの町を探した結果、大切なモノがありましたよ。






そう、電車の切符です。
しかも何故か交番の地下牢(?)で。


電車の切符は普通駅で買うものだと思うのですが……
そもそも交番に牢屋なんかねえよ!
全国の警察官の皆様。もし地下に牢屋がある交番を知っていましたら、是非ともご報告をお願いします。


よくわからない方法で切符を入手し、電車へ乗り込む夢若。
ヌーヌーの総本山に着くと、町の人々は既に洗脳されていた後でした。
その奥には、ヌーのヌーがドカッと座っていて、夢若たちを見るや否や、
人々をどかし、夢若が通るための道を空けさせます。


そしてヌーは、夢若たちに「手を組まないか」と持ちかけます。






どこかで見たことのあるような条件だけど、気にしない!
勿論こんな話にOKを出すはずもなく、夢若は即答で拒否します。


  ヌー「生意気な小娘(サヤ)と化け物(Q坊)の方がマシじゃぁないのか?」


ええ、ビジュアル的にはそうだと思います。

しっかし、ラストバトルのメンバーが「主人公・犬・ジジイ」になるとは思いもしませんでした。
うーん……華がない…………
そんなことを考えていると、いきなりどこからともなく声がします。



  「待ちなさい!」



あへ??






あるぇぇえええええええええええええええええええ?!


なんとビックリ、サヤが自ら時間移動の術を使って、現代まで来たというのです。
何時の間にそんなのを身につけたというか、時間移動のバーゲンセールと言いますか。


まあ何はともあれ、役者は揃いました。
この星の運命をかけた(多分)、壮絶なラストバトルが、今ここにて幕を開けた…………





















  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄







  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄







なんというか、言葉で表現するとするならば、
以前のヌーを発酵に発酵を重ねて叩き潰したような感じでしょうか。

ラスボスといえば醜悪な姿をしたモンスターが多かったりしますが、
これを醜悪と言わずしてなんと言いましょうか。
威厳のかけらも感じさせない姿、これが最後の謎なのでしょうか。


背景は宇宙空間。別に宇宙で戦ってるわけじゃないんですが。
そして今まで全部同じだった戦闘BGMに変化が。



  BGM「夜空の〜向こうに〜♪」



またかああああああああああああああああああ!!!



ラスボス戦でなんと歌付きBGM。
FF7の片翼の田代天使を彷彿とさせるようなラストバトルです。
ただ歌単独は悪くないんですが、絶望的なまでに戦闘とマッチングしてません。
よって、ただの脱力感溢れる戦闘となっております。


ちなみにこのヌーのヌーですが、なんと回避能力を備えております。
何パーセントかの確率で、右に左にヒョイヒョイ避けて、こちらの攻撃を回避してきます。
システムの妙を利用した回避術と言えましょう。
ボスの攻撃もなかなか重く、2撃食らうとサヤのHPを全部持っていくだけの破壊力があります。


ただ、サヤのHPって1620しかないんですけどね。


その程度の攻撃力でHP5000オーバーの夢若やヘッケルを追い詰められるはずもなく、
見せ場もないままわずか7Tで蹴りが尽きました。
時間にして2分。世界一早いラスボス戦だったと思います。
















ラストバトルが終わると、画面がフェードアウトします。
そして気がつくと、見慣れた場所にいます。






そう、一番最初にいた場所です。
そこで釣りをしていたわけですが、目の前に洋介がいます。
夢若は一瞬ビックリしますが、洋介はそのままフッと消えていきます。

その次に母が出てきて、「大きなお魚釣れましたか?夢若さん?」と言い残し、
これもまた一瞬で消え去っていきます。






まさか夢オチ?!とも驚きましたが、OPと違い洋介も母もいません。
サヤもいない。イズミも過去へ残ったまま。
嗚呼、ジュウベイやQ坊は元気にやっていたのだろうか……
残ったのは、ここにいるラブリーのみ。


思えば、この場所で壺を釣り上げてから、いろんな事がありました。



  コンピュータ室で出会った、衝撃的なイズミとの出会い。



  いきなりタイムスリップした先は、なんと自分が元にいた時代。



  そこで出会った、サヤとの運命的な出会い。



  ジュウベイ、そしてQ坊……



  ヌーと戦い続け、そして勝ち取ったこの世界の平和…………





うん、確かに以前と比べると、寂しくなった気はします。
でも、地下のあの場所から、何時でも夢若は過去へ行くことが出来ます。
イズミもジュウベイも洋介もQ坊も、そしてサヤも……みんな待っています。
母は…………どこかで元気にやっているだろうか…………



  父「夢若は、一人でも大丈夫だろうか?」


  ミヤ「何を言ってるんです!
  ここまで一人で成し遂げたではありませんか。
  ・・・それに、夢若には沢山の素晴らしい仲間がいるじゃないですか?」



  「うむっ!」


  「夢若には未来があります!
  そして、もっともっと大きくなって、私達の元へ帰ってくることを・・・」



  「うむっ!信じていよう!」


  「・・・はい!」





どうやら母は、どこか見えぬ場所で父と元気にやっていってるみたいです。
どこか遠い世界から、夢若を見守り続けてくれることでしょう……


それに、夢若は一人なんかじゃない。
愛犬ラブリーは、何時でも夢若の傍らにいます。
今や夢若の保護者と言ってもいい、ヘッケル博士もいます。
そして何より、里見の時代の頼れる仲間が、何時でも夢若の帰りを待っています。






  そう、時の扉の向こうに…………










〜 Fin 〜


















ところで、この画面にある、






「to be continued」って一体なんなんでしょう。





続編……作る予定があったんだろうなあ……






第十一話へ  レビュートップへ戻る  超あとがきへ