みなさんこんにちわ。今日も愉快に第二十話をお送りいたします、さたどらです。
十九話の執筆終了後、気合をいれて金稼ぎをしはじめました。
カンザスの町の近くに、はしり猿というモンスターがいるのですが、
こいつを倒すと、五割ぐらいの率でミッチー最強武器「スーパーヨーヨー」をドロップすることができるんですよ。
これを売却すると、一個につき三千シルバーになります。
なので、はしり猿をさくらのグループ攻撃で狩りに狩った結果・・・






八十万溜まったーー(゚∀゚)ーー!!

早速ピンクリリーへ行って、お目当ての物を買いに行きます。
なにが目的かって?もうこれしかないでしょう!






ぱわぁどドレス2 800'000S

いざ購入!そして装備!!






beforeafter




さくらさん最強伝説、ついに完成。


どんなものも弾き返す、伝説の装甲値514。
しかも、炎・氷・雷・精神攻撃といった属性攻撃も全て無効化!!
しかもしかも!ありとあらゆる状態異常(猛毒も)も防ぐという!!
それでいてこの攻撃力を持ち、さらにターゲットは横一列!!!






ラスボスよりこっちのほうが強い気がしてきました。





この超ウルトラスーパーメガパワードフルメタルさくらさんコンバットモード(仮)のパワーは
死の谷でさっそく発揮されました。
この谷にいるザコ少佐の攻撃力がかなり高く、
マイケルや主人公などの薄皮装甲軍団だと、2〜3撃で落とされるという
かなりハイパーなパワーを持つザコ敵なのですが、
そんなザコ少佐の攻撃力を持ってしても、さくらに入るダメージは一桁。
周りが電気で痛がってようと、火にあぶられようと、さくらには1点のダメージすら入りません。


まさに 歩 く 要 塞 。



なお、ここではさくらのハイパーっぷりばかりが書かれていますが、
他の面子も、属性攻撃耐性向上や、主人公の攻撃力アップなど、地味に強化されてます。
一応主人公は攻撃力が35点ブーストしてるんですけどね。
やはり目立たないのは宿命なのだろうか。




さてさて、そんなこんなで、いつの間にか旧ニャバニャバ城横に建城されてたマカマカ城到着。
いざ、突入!






入 れ ま せ ん 。


またいつものバグか?とも思いましたが、カキンという音が鳴ってるため、
話によると電磁波バリヤーが張られてるらしいです。ここは光子力研究所かい。
うーん・・・敵本拠地を目の前にして、まさかの足止め。
仕方がないから、死の谷をさまよって、いい情報がないかを探し回ります。


すると、マカマカ城北西に、寺発見。






なんかさまよってます。


なんでも数億年前に、騙されたニャバニャバ族によって滅ぼされた無念寺の坊さんの魂とか。
寺の名前のとおり、無念のまま成仏できずに、今もさまよってるらしいです。
数億年も経てば、成仏してもよさそうなのに・・・・



とりあえず彼ら(?)から色々情報を頂いたところ、


・輪廻の書があれば、輪廻の時代を自由に移動できる。
・輪廻の書は西の岬に埋めた。
・バリヤーを打ち破るには火の鳥の力が必要。




・・・火の鳥?







火の鳥?!?!


まさかこやつが、マカマカ城突入のキーとなるとは、思いもしませんでした・・・
そういえばあの足長さん、元気かなぁ・・・



とりあえず西の岬にいくと、如何にも怪しげな花畑がありますので、
そこを調べると、無事輪廻の書をゲッツ。所要時間一分。
輪廻の世界に行く前に、火の鳥に会っておきましょう。
もしかしたら、輪廻の世界行かなくてもバリヤーを打ち破ってくれるかもしれませ・・・






おい、おっさん。

というか、いつのまにか足長いの治ってるし・・・



ふぬけな火の鳥は無視して、とっとと輪廻の世界へ。
現世でもあった花畑のところに行き、輪廻の書を使いますと、輪廻船が出てきます。
さあ我に移動手段を、カムヒアー!!








船の後ろにのっかってるブツは一体なんなんだ。

これって、七福神が乗ってそうな船ですよねぇ・・・?
後ろに乗ってる大仏らしき物体はなんの意味があるのでしょうか・・・・
勝手にオールが漕がれてるのも気になりますが、大仏パワーでどうにかなってると解釈。
なにはともあれ、コレを使って早速移動開始します。



まずはモンテシカゴへ。マイケルの本拠地だったところです。
数億年のモンテシカゴはいかなるものだったのか・・・






現世と全く変わってないんですが。

この世界って、数億年の間なんの進化もなかったんでしょうか・・・
恐ろしいほど進歩のない人類だこと・・・






この構図も数億年後と全く変化ありません。
マフィアの間には、数億年もの間破られないほど強靭な鉄則でもあったのでしょうか・・・


そして、マイケルの前世、コルネオーレはそろそろ引退するということで、
愛用のゴッドマシンガンを誰かに譲渡したいと言い出します。






譲渡する理由がよくわかりません。


おそらく自分と似てるから、渡すなら自分の想いを限りなく継いでくれる人に譲渡したかったと思うんですが、
そこは流石マフィアの世界、理由がステキすぎでした。


ただし条件があって、この町の南にある塔の化け物退治をして欲しいとのこと。
しかも、マイケル一人でという制約もくわわって。


そんなこんなで上っていくんですが、
敵はギーガー一体というパターンでのみエンカウント。
必殺ショットで一撃粉砕です。
化け物の割にはてーしたことなかったです。何匹も出てきたりしますけど。
そして、数フロア上ったあとに・・・






終わるの早えよ!!


ちなみに上り始めてから、出くわした敵一体。
マイケルが食らったダメージ・・・0点。
所要時間・・・二分



以上、マイケルの試練全てをお送りいたしました。



これにてゴッドマシンガンをゲッツするんですが、その破壊力が尋常じゃないです。
なんと攻撃力は170!前装備してた武器と比較して、+108です。
さらにこの攻撃力を併せ持ちながら、なんとターゲットは敵全体!!

個人的には、摩訶摩訶界最強の武器だと思います。反則なまでのザコ殲滅力を持ちます。


あ、ちなみにさっきの塔に出てくるギーガーは、なんとたまにインゴットを落とします。
こいつを倒し続けるだけでいつのまにか億万長者。甘露甘露。



続いて、モンテシカゴ南にあるサンポートへ行きます。
ここには、ミッチーの前世・ナスターシャがいるという噂です。
さっそくサンポートへ移動してみますと、






はりて伝説、ここに現る。

別にはりてばばあは出てきませんけどね、流石に。


とりあえずナスターシャは看護婦ですので、病院行けばイベントが発生すると思い、病院へ直行。
話しかけると、いきなり事件発生。






ゴッドマシンガンなきコルネオーレ、重症。
やはり人間武器がないとこうも変わるものでしょうか。
そんなわけで、銃発砲されて、血足らないらしいです。
このままだと死んでしまうということで、輸血を狙うことに。






人の命を救うため、人の命を犠牲にする看護婦。
な、ナスターシャさん、あんた鬼や!!
まあ、ここで拒否してもシナリオが進むとは思えないので、ここはYesを選ぶことに・・・






血も涙もない神発言、降臨。



なお、手術室らしき場所へ入ると、そこにはピンピンのコルネオーレが。
なんでもミッチーの心を試すための芝居だったそうです。
というわけで、ミッチーは無事、秘技「愛のクネクネ」をゲッツ。
所要時間・三分。


やっつけ仕事っぷりが否めません。



愛のクネクネの効果は、ターゲットをリザレクトさせる能力です。
まさに回復能力のエキスパートになったわけです。戦闘中限定でですが。



今度はオオエドへ。マサの出番です。
しかし、この町のある島。日本っぽい形をしてるのですが・・・
四国がない上に、オオエドとかいいながら、滋賀県あたりに町があるんですが。
謝れ!四国と東京の人に謝れ!!



早速町に入ると、マサの前世・狂四郎は女と風呂に入ってます。
現世だと、温泉入るとメガネオヤジ投げつけられたのに。
これも狂四郎のなせる人徳なのでしょうか。若しくは単に夜の男とk(強制終了


早速話しかけてみると、






と言われて、いきなり洞窟に放り込まれました。
しかも武器防具なしという制約付きです。
なんでも、武器防具があるからそれに甘えてしまい、武士の心が未熟だということです。
でもマサって、武士じゃなくてただの板前なんですが。



途中で女の集団が誘惑をしかけてきますが、基本無視。
如何にも罠ですよー、ってオーラがめっさ出てます。無視無視。
そして、無事やっつけ仕事ダンジョンを抜けると、狂四郎に立派な武士だと認めてもらえます。
だからマサは板前だと(以下削除


立派な武士になったことで、現世に戻ったら正宗が使えるようになります。
攻撃力はなんと255。立派なバーサーカーの完成です。



あと、この町には、火の鳥を復活させる情報を手に入れました。






ちなみにこのゲンさんなんですが、向かってみると火打石を池に投げ捨てやがりました。
しかも回収は不能です。うーん・・・
現世に戻ればなにか手立てはあるのかもしれませんが、それはとりあえず後の話と言うことで。


残る前世の仲間たちは三人!
未知なる力を手に入れるため、まだ輪廻世界での旅は進みます・・・




- 後編へ続きますよー -






第十九話へ  レビュートップへ戻る  第二十一話へ