というわけで後半戦です。


ドーリャ王の陰謀により、見事牢屋へ閉じ込められる主人公たち。






まさに絶体絶命。

見事なぐらい逃げ場がありません。牢屋なんですから当たり前なんですが。
どうしようかと途方にくれてたその時、一人の男が牢屋に近づいてきます。
その男は、シャルム王子の腹心で、サジと名乗りました。
苦心の末この城に潜入し、王子を助けようとしてたところでした。
よく主人公たちを見つけられたものですが、シナリオのお約束ということで、気にしないことに。

シャルム王子を助けてくれるのなら、ここから出してくれるとのことですが、
牢屋から脱出したいし、真意を確かめたいという目的もあるので、
断る理由はありません。了承すると、牢屋から脱出することが出来ます。



なんとか脱出すると、サジからシャルム王子の真実を聞くことができます。
シャルム王子率いる部隊は、戦を有利に進めていたものの、
ニャバニャバ族が、寺の坊さんを人質に取ったことで状況が一変。
苦心の末、シャルムは坊さんの命の安全を条件に、自ら降伏の道を選んで投降したのです。


今まで腰抜けとか言われてきてましたが、なかなかやるじゃないか!
民を守れない将など、三流でしかありません。立派です。
しかもニャバニャバ族は、その後シャルムとの約束を破り、坊さんを皆殺しにしたとのことですから、
どっちに義があるのかは言うまでもありません。


とりあえず、自分の前世は立派な人物だということがわかり、
あとは自分の汚名をどうするかなだけになった主人公。一安心です(?)



サジが主人公たちを助けた理由の一つに、
シャルム王子の牢屋の前に番人がいるのですが、奴が強すぎて歯が立たないので、
主人公たちに何とかしてもらおうと思ったらしいのです。

まあ、サジが腰引け状態なのも分かる気がしますよ。
だって・・・






必死の形相KOEEEEEEEEEEEEEEEE!!!


なんか任務失敗したら命がないかのごとく、必至っぷり。
こりゃ怖いわ・・・。一般ぴーぽーじゃかなわないと思います。
ただし、常識外の主人公たちなら話は別です。
だって・・・・



・なんか知らないけど不幸な主人公

・元男な、現女でしかもスケバン

・銃を所構わず乱射するマフィア

・モンスターと間違えそうな、スモウレスラー



この四人vs番人という、四対一の変則マッチです。



どっちに義があるのかわからなくなってきました。



さしもの番人も、四対一でかなうはずがなく、敗北。
鍵をゲッツして、シャルム王子を救出します。
品格もあり、流石は一国の王子って感じがしますね。


ここから、「共に戦おう」といって、階段まで移動するのですが、
階段が二つあるため、二手に分かれてドーリャ王を探すことに。
ここの階段を上って、少し進むとドーリャ王をあっさり発見できますが。
はっはっは、俺様は脱獄王スフィアだ!道を開けい!!


さしものドーリャ王もビックリのようで、
主人公たちを倒すために、ペットの「きょうりゅう」を差し向けてきます。






















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











ドーリャさん。
それは恐竜ではなくキマイラと言いませんか?
どこが恐竜なんだか・・・・


なお、こいつはブリストーム連射してれば勝てるので、割愛。



恐竜を倒したあとに残ったのは、ドーリャ王ただ一人。
さてどうする?戦うか降伏するか、イエスかノーか。
そう問い詰めようとしたその時、ドーリャ王の取った行動は・・・!!!


















おいっ!!!


さっきの大悪党から一気に三下へ急下降。王としての威厳はどこへ行ったんだ!
ここまでチキンだとは思いませんでした。
もちろんだからといって、追走の足を緩める気は全くありません。
途中、インゴットなどを回収しつつ、ドーリャを徐々に追い詰めます。
シャルムと合流することにも成功し、ついに屋上へと追い込みました。



すると屋上には、ドーリャ王以外に何故かレミア姫もいました
その配置、自分から人質にしてくださいと言ってるようなものでは・・・・
案の定、三下へと成り下がったドーリャ王は、レミアを人質に・・・


・・・・あれ?
なんで実の娘を人質に取る必要があるんでしょうか。謎です。
その疑問は、シャルム王子の一言で全て解決することとなりました。


シ「この者はドーリャ王ではない!!」


すると、ドーリャ王だった黒幕は、正体をあらわにします。






なんとこやつがマカマカ博士の前世、現ニャバニャバ城家老・マカマカでした。
ドーリャ王は、なんととうの昔にマカマカに殺されていて、
ドーリャ王になりすまして、世界征服を企もうとしてたのでした。
そして今、正体を現したマカマカ。













やってることは正体を現す前となんら変わってません。
やっぱ三下の小悪党なんですか・・・(;´Д`)


しかし、人質に取られては手も足も出せないシャルム&主人公。
そこに、レミア姫が渾身の力でマカマカの腕から脱出し、城壁の縁へ。


レ「シャルム・・・私さえいなければ、貴方は存分に戦えることが出来る・・・」


と、言い残して、なんと身投げをしてしまいます!
恋人をマカマカに殺されたシャルム。
怒りをエネルギーに変え、すべての力を籠めてマカマカに全力の攻撃!!
さしものマカマカも、この神速の一撃を捉えることが出来ず、シャルムの剣によって一刀両断されます。
マカマカは最後に呪いの言葉を吐いて、絶命します。


しかし、マカマカを倒しても恋人が帰ってくるわけじゃありません。
悲しみにくれるシャルムは、レミアの後を追うように、身投げを決意・・・







後に残された主人公たち。そして・・・・


























?!?!?!?!





な、何故に主人公たちも身投げ?!



謎の集団自殺を図ろうとする集団。地面が見え、潰れたトマトになろうかとしたその時・・・・!!





















おいっ!!!!!


こ、これではレミアの決意&シャルムの勇気はどこへ・・・
主人公たち・・・は比較的どうでもいいけど・・・
全てが台無しに・・・・(;´Д`)

ま、まあ!感動とは無縁の摩訶摩訶だからこういうのもアリだよねっ?!



そして、この事件から、さらに愛の深まった両者。
主人公たちがシャバシャバ城へ戻ると、結婚式が始められてました。
この事件の解決のお礼として、それぞれ以下の物を貰いました。


・シャルム王子より  黄金の剣・・デストロイソードより攻撃力が20点高い、強力な武器。

・レミア王女より  光の球・・見つめると信じる心が生まれるもの。

・ガロン王より  サイゾウ君・・なんかDQの馬車。



これ以降、主人公たちは、町以外ではサイゾウ君に乗って、全ての移動を行います。
・・・で、こんなクソ重いものをはりての浮力で支えられるはずもなく、
これ以降、は り て 封 印 。



つ、使えNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!(心の叫び



神よ・・・五人以上では徒歩で移動してはいけない、なんて誰が決めたんでしょうか・・・・




なにはともあれ、これでネババの言ってたことが全部ウソだということが判明。
現世に戻り、さくらの説得へ向かいます。
ここでもサイゾウ君に乗りながらの移動となります。
ほっそい道じゃ通れないのでは・・・という不安がよぎりますが、その不安は三秒後に解消。
サイゾウ君、なんと壁をぶち破り、無理矢理通路にしました。
そんな方法でいいのか!!だったら最初からシンシアにやらせればよかったのn



そして、さくらの前で光の玉が輝き、全ての真実を知ることに。
レミアの思いが全て乗った思念を受け取り、今までの自分の過ちに気付くさくら。






今までの自分の行いを悔い、ジョニーたちを解放して、
その償いとして、主人公たちと共にマカマカ博士の野望を阻止する決意をしました。


今ここに、生死を共にできる八人の仲間が集結!
これでマカマカ博士の本拠地に乗り込む準備はできた。あとは真っ向から勝負するのみ・・・!!

物語はいよいよ、佳境を迎えようとしている・・・・・








・・・と、無意味に硬い文章なのはここまでにするとして、
さくら復帰イエス!!!(゚∀゚)




                ∩
                ( ⌒)      ∩_ _グッジョブ !!
               /,. ノ      i .,,E)
              ./ /"      / /"
   _n グッジョブ!!  ./ /_、_    / ノ'
  ( l    _、 _   / / ,_ノ` )/ /_、 _    グッジョブ!!
   \ \ ( <_,` )(      /( ,_ノ` )      n
     ヽ___ ̄ ̄ ノ ヽ     |  ̄     \    ( E)
       /    /   \   ヽフ    / ヽ ヽ_//





                  ∩
                  ( ⌒)         ∩_ _ グッジョブーン!!
                 /,. ノ         i .,,E)
             / /"        //
  _n  グッジョブーン!! / /       / /
 ( l          / / ^ω^)/ /      グッジョブーン!!
  \ \ (^ω^ )(       / ( ^ω^)      n
   ヽ___ ̄ ̄ ノ二ヽ      |  ̄     二二二二( E)
     /    /    \    ヽ フ    /
     |   /     |    / |    /
     ( ヽノ     ( ヽノ  ( ヽノ
      ノ>ノ      ノ>ノ   ノ>ノ
  三  レレ   三  レレ三  レレ





         / ̄ ̄ ̄フ\               _       ノ^)
       // ̄フ /   \            .//\     ./ /
      //  ∠/  ___\___  __//   \   / (___
    // ̄ ̄ ̄フ /_ .//_  //_  /      \./ (_(__)
   // ̄フ / ̄////////////         |  (_(__)
 /∠_/./ ./∠///∠///∠//      ∧ ∧ /) (_(__)
∠___,,,__/ .∠__/∠__/∠__/       (´ー` ( ( (_(___)
\    \ \/ ̄ ̄ ̄フ\ \ \_ \  _   /⌒ `´  人___ソ
  \    \ \フ / ̄\ \ .//\  //\ / 人 l  彡ノ     \
   \ _  \//___\/∠_  //   < Y ヽ ヽ (.       \
    //\///_  //_  ///     人├'"    ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   //  //.////////∠/      ヽ-i ヽ__  ヽ
 /∠_//./∠///∠// .\\       `リノ ヽ |\  ヽ
∠____/.∠__/∠__/∠フ\.\\      c;_,;....ノ ヾノヽ__ノ




AAの乱発っぷりから、いかにウチがさくらの復帰を待ち望んでたかがわかると思います。
だってですよ!!






相変わらずの鋼の装甲。

これで、相手の本拠地に乗り込めます。
苦戦していた日々、サヨウナラ!!


そして、さらなる力を求めて、ぱわぁどドレス2のための資金集めをしようと思います。
次回以降の、パワードさくらさんにご期待ください(゚∀゚)




>今日の戦利品






- 続くよーん -






第十八話へ  レビュートップへ戻る  第二十話へ