みなさんこんにちわ。またまたお久しの更新さたどらでございます。
こんかいは割かし早めに更新出来たのではないかと思います。
こんなんで?というツッコミをしてはいけません。
遅筆で申し訳ございませんorz



さて、前回は女王様に大砲でぶっとばされたところまででしたね。
まさか人間大砲とわ・・・・
アイデアがものすっご奇抜です。普通の人間なら死んでますよ。






まあ、一応潜入はできたから結果オーライなのかもしれませんが・・・
ちなみにここ、一度ぶっとばされたらクリアまで脱出できません。
思いっきり一方通行人生。まさか塔から飛び降りるわけにもいきませんし。
大砲で着地できて無事なら塔から落ちても大丈夫のような気もしますが。



塔内のモンスターは、レベルを下げてくるエナジー男以外は特にいやらしい敵もおらず、
トメさんのおかげで高レベルな我々は、さくさく進んでいきます。  


・・・と思ってたら、いきなり異常事態に気付きます。
なんか知らん間に主人公くたばってるんですが。


えーーーーーーーーーーー?!??!
ウチそんな大量にエンカウントした記憶ないんですが・・・
自分の回復怠慢かとも思いましたが、実は違うみたいです。
だって・・・






なんか被弾ダメージでかくないですか?


あれやこれやと考えてるうちに、針金男の攻撃が三発集中。






三 発 食 っ た だ け で 致 命 傷 か よ 。


うそーん・・・
主人公の装甲は紙だということは一応理解してましたが、
まさかここまで酷いものだとは思いませんでした・・・・  






この差は一体なんなんですか?
なんか主人公のHP500点が妙に薄っぺらく見えるよ・・・(;´Д`)
逆にさくらのHP350点が、三倍の太さに見えます。
やっぱ主人公交代したほうがいいんじゃないですか?



紙装甲の重大さを知った今日この頃。
これもしさくらがシナリオの関係とかで離脱したらヤバイような・・・・
ま、まあヒロインだし!多分このまますんなり最後までいてくれるよね!!



適当に宝箱を回収しつつも最深部へ。
最深部へ逝きますと、人を二名ほど発見。






いかにも囚われの身というかドア鍵かかってないんだから行動しろよ。
とか思いましたが、部屋に入るといきなり






なるほど、動けない理由はこやつがおったからですか。
笑い方が変のような気もしますが、仮にもボスです。
かなり「俺は強いんだぞ」という自己主張をしてますし、
この秘密工場を守るボスなら、かなりの猛者なのだろうと思い、いざ戦闘へ!!


















っておいっ!!!

結局ここでもザコなのですか・・(;´Д`)
少佐とはいえ、ザコに秘密工場の総大将を任せるマカマカ団。
一度この人選の理由を聞いてみたいような気もします。


攻略関連を見ますと、攻撃力がかなり高いらしいですが・・・・




⇒「ジェノサイドザコ」




戦 闘 終 了 。


摩訶摩訶始まって以来一番不憫だったボスかもしれません。


とりあえず捕まってる人たちを救出?します。
すると、こんな情報をいただけます。






立ち聞きだけなのにすげえ情報をゲッツ。
こんな重要な話を、あっさり立ち聞きされるマカマカ団。
君たちの明日はどっちだ!!(知らん



そして、ギガの鉱石は南国城にならあるのではないか、とのこと。
なんか都合のいい展開&話が上手く行き過ぎて怖いですが、
まあご都合主義が信条の摩訶摩訶ですから、気にしないことに。


早速南国城へかっとびロケットを使って移動する主人公たち。
しかし、実は先ほどの話、ザコ兵に立ち聞きされてしまいました。
ま、まあ!主人公たちはロケット使って高速に移動してますから、
いくらマカマカ団といえどもウチらより先に行動されることは・・・






って早ぇよ!!
なんか町の人たち倒されてるし、普通にエンカウントはあるし・・・






ど な い せ え っ ち ゅ う ん ね ん 。
こっちは風よりも早い(多分)ロケット使ってるのに・・・・

そしてこやつら、王様をリンチしてたのですが、あまりに口を割らないので、
今度は主人公たちを標的にして襲ってきます。


・・・が、襲ってきたのは実はザコ隊長。十話ぐらい前の敵です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





1 タ ー ン で 戦 闘 終 了 。



ザコ軍団をひとしきり片付けた後、王様を助けに行きます。
個人的にはギガの鉱石さえ手に入ればどうだっていいんですが。
すると、なんでもギガの鉱石はことごとく破壊されたそうです。
やっくに立たんなぁこいつら・・・・


とか思ってたら、王様がもう一言付け加えます。






・・・・・・・・・・・・・・



よ り に よ っ て 奴 か よ 。


この主人公、なんかシンシアに呪われてませんか?
まあ、会わなきゃ話が進まないので、ニュークイーンへ移動。
というか、せめて王様ぐらい介抱してやれよ。



ニュークイーンへ移動。しかし何処にいるのか分からない。
舞踏会会場に行ったところ、「散々壊した後宿屋へ行った」との情報が。
これだけ派手に暴れといて、何故器物破損罪で訴えられないのでしょうか・・・?
摩訶摩訶ワールドの不思議だったりします。



宿屋二階にいくとジョニーさんが。よく生きてたな
疲れてる主人公たちを見て、びんびん玉を使ってくれます。






このアイテム中国産だったんだ・・・(;´Д`)
中国三千年?



とりあえず当初の目的を果たすため、シンシアに会うわけですが・・・






ハートオーラ炸裂のシンシアさん。
その一途な気持ちは買うんですが、こっちにも選ぶ権利をください。
一方通行な愛は恐ろしい・・・


ギガの鉱石をシンシアに話したところ、あっさり受諾。
なんでも理由は「愛するダーリンのためなら」だそうです。
ただ、このセリフをきっかけに、ついにさくらには内緒にしてた、シンシアとの関係がバレることになってしまいます。
主人公だんまり。さくら憤慨。
トドメがシンシアの一言。


シ「だってワタスたち、結婚式まで挙げた仲だから」


これを言われてブチ切れない彼女なんていません。
いくら向こうからの一方通行の愛とはいえ、二股かけてたなんて持ってのほか。
しかも結婚式なんていう必殺ワードも飛び出る始末。
さくらの怒りゲージはついにMAXを超え・・・






そういって飛び出してしまいました。


主人公たちは後を追いかけますが、画面外に消えてから追走しても無駄というもの。
さくらに逃げられ、ジョニーはさくらを追跡するといって旅立ってしまいます。
後に残ったのが・・・・・・








こいつしかいないのかあぁぁぁぁぁっ!!!




・・・ヤバイです。一番恐れてたことが発生してしまいました。
パーティの要・さくらの離脱。
後に残ったのが、パワーファイターっぽいシンシア。






装甲はやっぱ紙です。


レベルがかなり離れてるとはいえ、さくらの400近い装甲がすさまじすぎて、
パーティの大幅弱体化は否めません。
これフォワードだれにしよう・・・・





(思考中)





・・・・まさかウルウルBが先頭に立つ日が来るなんて、思いもしませんでした(涙
とりあえず一番装甲値が高い&一番特殊攻撃に対する抵抗力が高いということで、無難な選択に。
次いでミッチー、シンシア、主人公と続きます。
後ろに下がるほどHPの高いキャラというなんとも皮肉な隊列ですが。



果たして、パーティのリーダーを失った一同に明日はあるか!
ミジサイバー装置そっちのけだけど大丈夫なのか!!
さくらの行方は如何に・・・・




- To be continued... -










■ おまけ




全人類ジョニー化計画発動中?





第十四話へ  レビュートップへ戻る  第十六話へ