みなさんこんにちわ。なんと前回から一ヶ月以上も開いてしまいました、さたどらです。
たたたたた、怠惰とかそんなんじゃないですよ?!
ただなんとなく他のものにも手を出してみたかったりとk(それを怠惰といいます)


ええ、単なる怠惰です。ずびばぜんorz



さて、前回は相手の秘密基地が明らかになったところまででした。
「秘密」のはずなのに既に秘密になってないのは、
敵の隠匿能力がよほど低いのか、博士がIQ200の超天才なのかどっちかですな。
そんなわけで、久しぶりに海を渡ります。
船?ええ、例のはりてばばあ動力船ですが何か。
五万シルバーもあるんなら、どっかでエンジン調達しろよ・・・(;´Д`)
いくら敵とはいえ、これでは老人虐待です。






サンポートから海岸沿いに北上すると、船で上陸できる場所がありますので、
ここに上陸します。ここから南東の方角に向かって進むと、小さな村を発見できます。






住民は既にミジンコですが


地下室に非難したため、辛くも難を逃れた住民の話によりますと、
この村はミジサイバー計画の被害にあってしまったということでした。
マカマカ団が襲ってきて、皆をミジンコに変えてしまったという。
なんといいますか、村の住民を実験台にするなんて、ふてえやつですね!
そして、こんな重要な情報を得ます。






へー・・・なるほど・・・・






・・・・ん?






南にある丘にマカマカ団の秘密実験工場があるらしい
南にある丘にマカマカ団の秘密実験工場があるらしい
南にある丘にマカマカ団の秘密実験工場があるらしい
南にある丘にマカマカ団の秘密実験工場があるらしい
南にある丘にマカマカ団の秘密実験工場があるらしい
南にある丘にマカマカ団の秘密実験工場があるらしい




全 然 秘 密 じ ゃ な い じ ゃ ね え か 。



この悪の集団、本当に大丈夫なのでしょうか。
普通に村人にも知られてるようではねぇ・・・・



とりあえず店もあってなきがごとくですので、とっとと進むことにします。
そしたらありましたよ、秘密実験工場。






なるほど。確かにこれなら誰にでもまるわかりですな。
「秘密」と言う肩書きが、「このゲームの登場人物は全員十八歳以上だよ」並にうそくせーです。
だ、大丈夫か?この悪の集団・・・・・



さて、ここから西に進みますと、ニュークイーン城がありますが、
ここに入る前にちょっと寄り道します。
ここから北西の森付近に行きますと、なんと・・・






出 た 、 ト メ さ ん 。


あの経験値を一万落としてくれるという、戦闘力5の人天然記念物です。
なんとここらへんは、トメさんと普通にエンカウントできるのです。
なんてすばらしいんだビューティフォー!!
現在主人公の装甲が紙の如く薄いので、少し補強を。
開始Lv33だったのを、40にまで上げました。






それでも76にまでしか上がりませんでしたが。
フル装備でもさくらさんの肌よりヤワいよ・・・orz
もうスペランカー先生になってもいいような気がしてきました。



>おまけ。こんなんも出てきます。






お め え は 出 て く ん な 。



とりあえずレベル上げも一きり着いたところで話を進めます。
なんでもこの町では、現在仮面舞踏会が行われてるらしいです。
城を持つほどの国なら、話せば何か力になってくれるかもしれませんので、
女王に面会しようと思ったら、普通に門番に弾かれました。
お前もミジンコになっちまうけどいいのか?!と脅してやりたいのですが、
所詮は門番。話のわからない香具師なので、別の方法を探すことに。
他の町の人の話によりますと、仮面セットがあればいいそうなのです。  
まあ、仮面舞踏会ですから、それそうおうの格好をしていかないといけないというわけですね。
しかし、そんなもの何処でゲッツすればいいんでしょうか。売ってませんし。
はてどうしたものか・・・とうろついてますと・・・






ダ メ な 人 発 見 。


しかもコケて足をくじいたので踊れないそうです。
なので、仮面セット見つけたらそのままもらってもいいそうなのです。
気前がいいのかただのアホなのかよくわかりませんが、遠慮なく貰っていくことに。



と、仮面セットを装備しようと思ったとき、異変に気付きました。



▼さくらの防御点に注目



?!?!?!



▼使用前▼使用後




さ、さくらの防御点が一気に増えたーーーー?!?!


あまりに不可解な謎です。防御点388って・・・
そ、そうだ!さっき武器変えたんだったよね!たたたた多分そのせいに違いないよあはは・・・



]


素で284点かいあんたの肌は。



も、もしかして・・・いきなり消えた主人公の防御点・・・全部さくらに持ってかれたとか
そんなオチじゃないでしょうね・・・・?




        ,. -- 、
          /"    \
      ,.ィ´    、ヽ,ィ ヽ
      ´/ハ トト、Lヾ┘ ヽ、 ←さくらさん
      |! ヽ代) ヘ.フlレ _ `丶、
        __ l> ニ -‐'"   ヽ   `ヽ
         i゙f⌒ヽ  _,. -┬ ノ    ヾヽ
        >‐,=i ´!     〈         i !
        '´ヽヘゝ i. |      !   ト、 iv′
        ___) i L.=〒''iう__」 レレ′
   ,. ──⌒ヽ`ヽへ.  〈  >、
  i        |  / V゙了〈_ゥフ
  `ー--─‐、‐{/    |
          `フ`ー- 、__!
        /   /
         /   /
      /´\ /
  _  ノ  /
  ,'  `ヽ   /
  ヽ    `ァ′
   __ '|ロロ|/ ̄\A.::.|ロロ|/ ̄\ __ |ロロ|..__ / ̄\
_|田|_|ロロ|_| ロロ| | | _|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|_.| ロロ|_
             ↑主人公





主人公、ますます影が薄くなりました。



というわけで、改めて真・突撃隊長となったさくらを筆頭に、会場に乗り込む我ら。
あー、全員おんなじ顔やグラだなぁ・・・と思っていると、一人だけ違う格好の人が。






・・・・あれ?






ジョニイイイイイイイイイイイイイイ!!!
い、生きてたんですね!!すっかり存在自体を忘れかけてました!



そして、下のほうの人に話しかけてみると、





・・あんた誰?
この主人公、ファンが付くほどの人気でもあったんでしょうか。装甲はスペランカー先生だし。






・・・・・ものすっご嫌な予感がしてまいりました・・・・






でででででで出たーーーーーー!!
化け物出たーーーーーーーー!!!



たたたた助けてください!命ばかりはお助けをーーー!!
なんか普通にツッパリで壁ぶち破ってるし!!
こ、殺されるーーー!!!そこらへんのボスよりこっちの方が怖いーーーーー!!!



すると、ジョニーが間に入って、


ジ「ここは俺に任せてくれ!さあ早く逃げろ!」


と、我々の盾になってくれます!
ありがとうジョニー!君の事は忘れるまで忘れないよ・・・
二時間したらすぐ忘れそうな気がしますけど。



とまあ、尊い犠牲を経て(注・死んでません)、クリスティーヌと面会成功!



ク「私はクリスティーヌです。あなたが『伝説の戦士』ですか?」

ク「マカマカ団についてお話したいことがあります。ここではできません。
あとで私のお城に来てください」




とのことでした。
こっちは何一言もしゃべってないんですが。
なんかこっちの情報いろいろ握られてるみたいですし、しかも主人公一人で来いといってるし・・・
・・・さっそく胡散臭さ爆発の予感・・・



そして、城の前で一人になり、女王のもとへ。






勇者というよりはただの下着ドロですが。



クリスティーヌと面会すると、なんか果物を勧められます。
あからさまに怪しいので、拒否ると、何故か断ることが出来ず食わされます。
その後装備を取れとか服を脱げとか要求をされますが、全部断るだけ無駄です。
十字キーガチャガチャで脱出することも、Aボタン連打で耐えることもできません。
全身素っ裸になったところで、クリスティーヌが本性を表します!






そして、催眠術にかかった状態で裸踊りをして、あわれ川に落とされる主人公。
ただ茫然としてると、なんと素っ裸の状態で幼女に囲まれます。






よ、幼女に辱められたあああああっ!!!(つД`)



ウチ二十一年間いろんなゲームをプレイしてきましたが、
ここまで酷い扱いを受けた主人公は過去例を見ないと思います。
両親はミジンコにされるわ、モンスターにストーキングされるわ、装甲がスペランカー先生になるわ、
挙句の果てには幼女に辱められるわで酷い人生です。
神(シナリオライター)よ、これは試練なのでしょうか。



身も心もボロボロの主人公ですが、ようやく救いの手が。
さっきの画面写真右にいるシスターが、素っ裸の主人公を見ても物怖じせずに、
なんと服を着せてくれ(どっから持ってきたのかは謎)、しかも催眠術を解いてくれます。






織田無道かあんたわ。



なにはともあれ、やっと催眠術から解ける主人公。
さらに、その催眠術を防ぐための実の存在を教えてくれます。神ですかこの人は。
早速ぼたいじゅの実を取りに行きます。でっかい木があるので、すぐにわかるでしょう。
これを食ってパワーアップ!もう騙されないぜバセランよ!!
リベンジレッツゴー!!セーブOK?では、突撃!!






そしてまたのーてんきに一人でのりこむ主人公。
正体わかってるんだから少しは学習しろよ!!



再びクリスティーヌもどきと面会。果物を勧められますが、当然拒否。
すると、向こうから本性を見せてくれます。






いや、さっきあんた自分で名乗ったじゃないか・・・



で、このバセランですが、攻撃力が高いです。
主人公一人ということもあって、長期戦は避けたいところ。
駄菓子菓子だがしかし、バセランはなんと氷が弱点なのだあっ!!
主人公がLv35になってれば、氷系最強魔法ブリストームをかませます
一発600点前後のダメージが入りますので、順当なら2ターンで撃墜できます。
ブリストームを習得してなければ、トメさん退治をしてレベルを上げましょう!



バセランを倒すと、牢獄の鍵が入手できます。
これを使うと牢屋を開けられますので、幽閉されてる塔へ直行しましょう。
なお、この塔のてっぺんですが、






なかなかステキなキャノン砲をお持ちのようです。
これで秘密工場へぶっ放せばいいような気もするんですけどねぇ・・・・


地下へいくと、幽閉された真・クリスティーヌ女王が。
ここで「果物を食べますか?」と質問されます。
一瞬ビクッとしましたが、こっちはなんの罠もないので安心です。


そして、事情を話すと、こんな提案をしてくれます。






と言い残して、上へ上がってしまいます。
なるほどなるほど。そういえばこの塔のてっぺんってキャノン砲あったよねぇ?







えー・・・ものすっご嫌な予感してきたんですけど・・・もしかして・・・










やっぱりいいいいいいいいいいいいい!!


ちちちちょっと待ってください!まだ心の準備が・・・


ク「さあ心の準備はよろしいですか?」


んなもん出きてねぇぇぇえ!!!ち、ちょっとまt・・・・




ドォーーーーーン!!!







- 次回へ続く -






第十三話へ  レビュートップへ戻る  第十五話へ