みなさんこんにちわ、一日二回目という暴挙?をやってのけるさたどらでございます。
今日は幸い時間があるのと、摩訶摩訶に気力を吸われきられなかったというのがでかいかと思います。
この調子で、十二回目もいきたいとおもいます。



さて、前回はマサと別れ、三人になったところから始まります。
このまま直進すると橋があるのですが、入ると拡大マップになります。
すると、橋の先にはミッチーが立ってます。






つまり傷心旅行に付き合えということですか?


まあ、マサが抜けたあとですし、ここはありがたく仲間に加わってもらいます。
前世は看護婦だそうです。ビジュアル的には狂看護婦にしか見えませんが。
正直ウチはこんな看護婦がいたら怖いので逃げます。



まあ、一番のメリットは骨抜きでふぬけにならないことなんですが。



ここから長い道を歩くことになります。
というのも、次の町まで結構遠いのです。
中でも手ごわいのが、雪女とユーフォーオヤジ。
雪女は吹雪で80点前後のダメージを一列、ユーフォーオヤジはガチガチの装甲を持ってます。
長期戦になるとかなり不利なので、特殊能力をつかってでも確実に倒していきましょう。
なお、雪女は弱点が炎なので、初めてシュババ光線が役に立ちます。
このときのウルウルBはLv23でしたが、一列まとめて一撃でしとめられます。
ダメージは食らいますが、相手の攻撃のほうが痛いので、結果的にこっちのほうが有用です。
やったぜシュババ光線!


これ以降出番があるかどうかは知りませんが。



長い道のりを終えて、辿り着いたのがミシッピーの町。
とりあえずは宿で休むかー、と意気込んで入った瞬間






なんだお前らは。


何しに出てきたのかよくわからない探検隊。とっとと町の外へ出て行っちゃいました。
なんだったんでしょうかやつらは・・・


宿で休んだ後、情報収集開始。面倒くさいので、以下人柱の憂鬱様の文よりコピペ。


・マカマカ博士の研究所跡が山中にあるらしい。
・マカマカ博士と親交のあったヤン博士が山に住んでいるらしい。
・アトラス山の頂にはガルル城がありそこに狼男が住み着いている。
・狼男には伝説の銀の剣しか通用しない。
・村の北にある洞窟に伝説の銀の剣があるらしい。
・銀の剣は伝説の戦士でないと引き抜くことが出来ない。



なんつーか、銀の剣を回収してそれで狼倒せっつーことですね?
しっかし、銀の剣が伝説なんですか・・・
そんなんで狼倒せるんなら、量産すればいいじゃん。
この世界は銀がありふれてるわりに(敵を倒しても出てくる)、それを剣に加工する技術はない模様。
まあ、特殊な銀の剣という可能性もあるにはあるんですけどね・・・



目的がわかったところで、装備を整えます。
今回は主人公の武器がパワーアップしないので、他のお三方がパワーアップ。






さくらさんの暴走は留まるところを知らないようです。


ついに三部門でトップに・・・
しかも、さらに属性耐性が三つもあるのです。
まさに鉄の城。鉄壁。
それに比べて主人公は・・・


・すぐふぬけになる
・特殊能力が回復以外目立たない(しかも回復能力はさくらに劣る)
・そもそもビジュアルがつぶやきシぱっとしない



個人的にはさくらを主人公として抜擢したいです。



あと、ここの宿に泊まると、主人公の前世から激励されるイベントが起こります。






まあ、激励されてそれで終わりなんですが。
役に立たないところは前世でも一緒だったようです。



さて、銀の剣を手に入れるために旅立つとしますか。
アトラス山とミシッピーの町の間に洞窟があるのですが、ここに眠ってます。  
なお、ここの洞窟は普通のゲームだったらとてもラクにクリアできます。
洞窟内部はほぼ一本道、というか一フロアが一画面ですっぽり収まる程度の広さです。






どうでしょう。見た感じ、とても簡単なように思えます。
ですが、この洞窟、思わぬ落とし穴があるんです。
何も考えず、最短ルートで突貫したら・・・






一歩も身動きが取れなくなりました。
もうこの状態になったらどうすることもできません。
身動きが取れないので前のフロアに行くこともできませんし、先にも進めません。
一応ウルウルBが、ダンジョン脱出技を持ってるには持ってるんですが・・・






こんなんで脱出できるかい!!!##


間違いなく、このゲームで一回も使われることのない技だと思います。
まず選択すらさせてもらえないのですから。



まさにこのゲーム最悪の罠です。
調べたところ、大量に歩くと普通にいけるそうなのです。
ならば、レベル上げを兼ねて適当に歩いて、再び挑戦!!







・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・







        ┼─┐─┼─  /  ,.          `゙''‐、_\ | //....
        │  │─┼─ /| _,.イ,,.ィ'    ─────‐‐‐‐ 。←─摩訶摩訶
        │  |  │     |  |  | イン ,'´ ̄`ヘ、   // | \_ __
                          __{_从 ノ}ノ/ / ./  |  \
                    ..__/}ノ  `ノく゚((/  ./   |
        /,  -‐===≡==‐-`つ/ ,.イ  ̄ ̄// ))  /   ;∵|:・.
     _,,,...//〃ー,_/(.      / /ミノ__  /´('´   /   .∴・|∵’
  ,,イ';;^;;;;;;;:::::""""'''''''' ::"〃,,__∠_/ ,∠∠_/゙〈ミ、、
/;;::◎'''::; );_____       @巛 く{ヾミヲ' ゙Y} ゙
≧_ノ  __ノ))三=    _..、'、"^^^     \ !  }'
  ~''''ー< ___、-~\(          ,'  /
      \(                 ,'.. /




ここで約二十五分無駄にしました。


コレに関しては、どのROMでも発生するので、バグというよりは仕様っぽいです。へー
・・ってもっと性質悪いわボケ。
リセットを強要されるゲームなんて始めて見ました・・・('A`)



やっと地獄を抜け出すと、敵とエンカウントしないフロアに出ます。
宝箱が結構あるので、回収し放題です。やったぜ!
中にはパワーアップアイテムがあるので、見逃さないようにしましょう。


そして、洞窟の奥の最深部に到着。






銀の剣が刺さってます。さっき町を旅立った探検隊員もいます。
さっそく抜いてみましょう。気分はアーサー王。
でも、先頭をさくらにしてたせいか、抜けませんでした。
えー、伝説の勇者はさくらでいいやんー(まだ言うか


仕方がないので、主人公を先頭にして、仕切りなおし。
























戻すなああぁぁぁぁぁぁっ!!!!




伝説の勇者と認められたらしい主人公ですが、
抜いた剣を元に戻すという武勇伝まで作ってしまいました。
おそろしくアホな伝承として、後の世まで語り継がれそうな気がしてきました('A`)



教訓・アイテムスロットのスペースを空けてから引き抜きましょう。



ちなみにこの銀の剣ですが、攻撃力がなんと125もあり。
滅多切りの剣と比較して、攻撃力が30点もブーストします。大きいです。
なお、鑑定屋に見せて10000S払うと、さらに15点ブーストします。
これで、今まで目立たなかった主人公も一流のアタッカーに!



なお、これはイベントアイテムなので、うっかりなくすとクリアできなくなります。
まあ、やろうと思えば売り払えますけどね。
0 S で な !!






まあ、これはナイトガンダム物語2というFCで前例があったので、驚きはしませんでしたが。
(↑キーアイテムが売れる。こっちは4700Gぐらいで)



次回は狼退治へと洒落込もうかと思ってます。





第十一話へ  レビュートップへ戻る  第十三話へ