みなさんこんにちわ。半月ぶりの登場、さたどらです。
いやあ、バリバリに間隔あいてますねぇ・・・。職務怠慢。
こんな調子だと、全クリにあと何ヶ月かかるのでしょうか。
今年じゅうにコンプできるのか不安になってまいりました。


さて、前回はパスカル博士を救出したところまででしたね。





流石にもうさらわれんだろうな?
ピー●姫じゃあるまいし・・・・
ここでもう一回拉致されることがあったらコントローラーを投げてたかもしれませんが、
流石にそんなことはなく、パスカル博士は世界化学者会議へ向かうとのこと。
そう言って、一人で移動しちゃいましたとさ。
・・一人で大丈夫なん・・・?






なんでテメエが先に到着してるんだよ

十分たくましいじゃねえかパスカル博士。
どうやって群がってくるモンスターを退治したのかわかりませんが、
主人公たちより強いのは間違いないようです。


しかし、せっかく世界中の科学者が集まったのに、
主人公の両親は現代科学を持ってしても直せない、という結論に。
役に立たねえな、おい。



とりあえず、黒幕がマカマカ団首領のマカマカ博士だということはわかりました。
それは、ふるさとタウン(主人公たちが住んでた場所)の西のほうにあるとのことでした。
手っ取り早く移動すべく、パスカル博士からかっとびロケットというのを頂きます。
これがあると、一度行った町に一瞬で移動できるという、どこでもドアなのです。
なんで大気圏内移動なのにわざわざロケットなのかウチにもわかりませんが、
胴部を切断されても世界一周できるジェット機が存在する世界なので、今更驚きません。



とりあえず、ふるさとタウンにさくらの強力な防具が眠ってるとのことなので、
探りをいれてみることにします。
この世界には、一見なんの変哲もないアイテムだけど、鑑定士に見せると
大幅にパワーアップする防具というのが存在するんですよ。
俗に言う、FF4の伝説の剣みたいなものですかね。(後にエクスカリバーへとパワーアップ)

で、その場所はというと、さくらの家の宝箱。
普通にあけると、薬が出てくるだけなんですが、
なんとこの宝箱。もう一回調べられるんです。
二重底の宝箱。随分ハイテクなものをつかってくれるじゃねえか。
そうしてゲットしたのが、革のドレス。さらにこれを鑑定すると、ぱわぁどドレスが手に入ります。
どれどれ、その実力の程は如何に・・・・・











・・・・・What's?




い き な り さ く ら さ ん が 超 人 化 し ま す た 。



摩訶摩訶をプレイされてない方は、この超人的能力を目にしても、パッとこないでしょう。
では、これを見てください!






どうみてもあんたが最強ですさくらさん。






あまりに硬いので、最前列へと抜擢。敵の攻撃を簡単に弾いてくれます。
そして、女の尻の後ろに隠れる男連中。なんか情けないです。


ああ、画面内に見えてるジャイアント馬場らしき存在はスルーの方向で。



乗り物を駆使して、ふるさとタウンからモンテシカゴの町へ。
この町には闘技場があるらしいのですが、入れないので今は関係なさそうです。
ギャングが町を支配してるという話ですが、それも今は関係なさそうです。
まあ、要は船がいるみたいなので、港町へと移動をかけます。



徒歩三分。港町サンポートへと到着。
船に乗りたいんですが、占い師曰く船に乗らない方が身のためだとのこと。
でも乗らなきゃ話が進まないので、船へと移動。
途中街の人から、この街には、はりてばばあというマカマカ団の一員らしき香具師がいるという情報を。
まあ、マカマカ団の連中ならそのうち会うでしょう。
そう考えながら、船着場へと向かうと・・・・






颯爽と登場するはりてばばあ。
敵なのに自分の名を名乗るマカマカ団員。律儀です。
そして、主人公たちに襲い掛かってきます。
が、主人公たちの攻撃は通りません。逆に主人公ははりてばばあの一撃で、一発で戦闘不能に。
そしたらいきなり戦闘終了。イベント戦闘みたいですね。



▼主人公注目



な ん だ こ れ は 。



▼before▼after




なんと主人公、はりてをくらった一撃でデカ顔になってしまいました。
顔がでかくなったので、船のある細い道も通れなくなったと言うオチでした。
さくらたちが先に船に乗って、主人公のいる場所まで来れば話は早いと思うのですが、
こんなデカ顔を操作するのも嫌すぎるので、回復方法を探すことに。
とりあえずこの街には病院があるそうなので、行ってみることにします。






お前も発病してるのかよ!!



医者がこんな状態ですので、当然治療法もなし。
ふう、どうしたものか・・・・


適当に街で情報収集をすると、ドンブリ君なる謎の人物がいて、
その人が知ってるラーンの聖水なるものをぶっかけると元に戻るようなのです。
東の泉に住んでるみたいなので、移動してみたんですが、その人物の姿はなし。
珍しいメロディを好むそうなので、チャルメラ星のラッパを吹いてみることに。
しかし結果は何も起こらず。まあそれもそうか。



ここで、先ほどのモンテシカゴの町へと移動。
そろそろここの街と縁があってもよさそうなので行ってみると、どうやらギャングの長マイケルの
許可があれば出られるらしいのです。
ちなみに商品は金のフルートだそうで。



そ れ だ !



早速マイケルのもとへ。しかし、相手はギャングの長。
一般ぴーぽーなのに会ってくれるのでしょうか・・・?









ど ん な 基 準 や ね ん 。
だ、大丈夫か?このギャング団・・・・






・・・ここのギャング団は終わったと思いました。


とりあえず、闘技場に出させてくださいと頼む主人公。
そしたらマイケルさんの反応はこうでした。






いや、単に顔がでかいだけなんですが。


デカ顔のギャング団長マイケルさん。人を見る目も節穴のようです



まあ、なにはともあれ出させてくれるんですから、マイケルに感謝。
さあ、闘技場へ突貫!
闘技場のディフェンデングチャンピオンは、空手十段らしき「おにくまラッド」という人らしいです。
なんかリングネームがミスターサタンみたいで弱そうなんですが。
まあ、実際あまり強くないらしいんですが。



このとき、参加者は一人なんですが、
実は一番前にいるキャラが参加するため、別に主人公でなくてもいいのです。
当然うちの代表者は・・・・







歩く要塞です、この人。


左側にいるのが、おにくまラッドです。
TODのマイティ・コングマンに似てなくもないです。

当然一撃で倒せるわけではないので、相手の攻撃も食らうわけなんですが・・・





鬼 か あ ん た わ 。



わずか3ターンで決着がついてしまい、金のフルートをゲッツ。弱い。
とりあえず泉に戻って、フルートを吹いてみることにします。





この位置でフルートを吹けばいいみたいです。
さあ、おいでませドンブリ君・・・!






















誰 だ お 前 は 。



とりあえず起こった出来事があまりにナニなので、ここから一部は中略させていただきます。
ちなみに聖水はくれませんでした。ぶっかけられはしましたが。



街に戻って、船に戻ります。細い隙間もラクに通れる!
って、それが普通なんですけどね。
今度は船のエンジンが壊れて動かないとのこと。ちゃんと整備しておけオッサン。
どうしたものだか、と悩んでる時に・・・・






な ん か 出 て き ま し た 。


今度は普通に戦闘です。ダメージもちゃんと通ります。
ただ、相手の攻撃力はバリ高いので注意が必要です。
ウチはたまたま相手の攻撃が全部さくらに来たからよかったんですが、
さくらの装甲を持ってしても、さくらの全HPの八割近いダメージを食らいます。
でも下手に復活させても、毎ターンだれかが倒される可能性があるので、
短期決戦で特攻をかけるのが一番でしょう。


そして、はりてばばあを倒すと、薬をめぐんでくれとほざきだしました。
この手のひらの返しよう、まさに三下の才能があるみたいです。
まあ、薬程度でウザいのが消えるのなら安いので、あげることに。






やっぱ三下みたいです。こいつ。
そういい残して逃げようとしたら、いきなりかもめがはりてばばあにアタック。
はりてばばあはバランスを崩し、船へと落下・・・・














船 と 合 体 (?) し ち ゃ い ま し た 。


「おお!これはオール代わりに丁度いい。これなら海を渡れるだろう。さあ、乗りなさい・・!」



正気かオヤジ!!




というわけで、主人公たちは無事船(動力・はりてばばあ)を手に入れ、
西の大陸を目指し、大海原へと旅立つのでした・・・






ど ん な 話 や ね ん 。





第九話へ  レビュートップへ戻る  第十一話へ