みなさんこんにちわ。また間隔が開いてしまいました、さたどらです。
本当にプレイ頻度が少なくてずびばぜん。
まあ、もしかすると日記より実はこっちのほうが好評だったりしt(略


でわ、早速本編いきましょう。



前回は溶岩の手前まで行きました。
普通の人が歩けば一瞬でレアステーキになれますが、
ここでレアステーキになったら物語が進まないので、とっととウルウルカー使って超えることに。
ウルウルカーはちと操作にクセがありますが、(前回ラスト参照)
やはりエンカウントがないのがいいですな。
そして、コレを使えば溶岩もほら!






あっさりと洞窟の前に到着。
ここでウルウルボーイが修行してるらしいですが、一体どんな修行をしてるのでしょうか・・・
一応洞窟なので長期戦を予想し、アイテムはフル装備で向かいます。
さあ、レッツ突入!!






















か、仮面ラ●ダー出たあああああああああああああ!!!
これ石森プロにも一体どのくらい使用料払ってるんですか?

一瞬ウルウルボーイが襲われてるようにも見えますが、そうではないらしいのです。
どうやらこのラ●ダー軍団はウルウルボーイの友人兼修行相手らしいです。
ラ●ダー3人が修行相手とは、なんともブルジョワな。
あ、でもこいつも冷静に考えたらウ●トラマンでしたね。



そして、偶然にも主人公たちが来た時に修行が丁度終り、会話する機会が。
事情を話すと本人は「僕はまだシュババ光線を習得していないのです」とのこと。
まあ習得できてたら今頃本星に戻ってるだろうし、想定内です。(@ホ●エモン)


といきなりウルウルマンからの手紙が。
どうやら最後の試練として、ウルウルタワーに住む魔人を倒せとのこと。
・・・魔人というからにはやばいんでしょうけど、
いくら試練のためとはいえそんな化け物ずっと放置しておくなよ。
あの星でまともに戦えるのはロートルのウルウルマンとこやつだけなんでしょうか。
ウルウル星の将来が少し心配です。



そうしてウルウルボーイが仲間に加わりました。ちゃんちゃん。


・・・・じゃなくて!
もしかしてこの洞窟って、これで終わり?!
ちょっとまえええええええええい!!味気なさすぎるぞ!!
このままでは気合が消化不良なので、洞窟散策をすることに。
適当に捜索して、ウルウルボーイ(以下ウルウルB)用の装備品をいくつかゲッツ。
えー、他にはないかと奥へ移動。





なんだ、奥のフロアがあるではないか。
でわ、次のフロアに移動っと・・・・






・・・・あれ?
裏から出たのに、表にでちまいましたよ?


・・・・・・・・・・・・・・・・





怪奇!裏口から出ても表に出てくる謎の洞窟!!



いずれは不思議な場所として、特●ウ王国あたりにでも紹介されることでしょう。



そしてウルウルタワーへレッツゴー。
え?ウルウルタワーってどこの建物かだって?






ここの真正面にそんな建物があるんですよ。
前来たときは、「ウルウル一族以外は通さん!」みたいなことを言われて突っぱねられました。
だがしかし、今回はあの伝説のヒーローの息子・ウルウルBがいるぞ!
控えおろう!控えおろう!このお方をどなたと心得(何故にいきなり三下キャラになる



あ、ちなみにウルウルBの容姿なんですが・・・






まあ、版権料乙。とだけ言っておきます。



ここからウルウルタワーの攻略なんですが、
塔の中はほぼ一本道。てっぺんにいくまでなら、一番近くにある階段を登ってけばいいだけです。
たとえ300m先の市役所に行くのに迷う人でも大丈夫です。
ただし、塔内には「アイアングローブ」というウルウルB用の武器があるので、
それだけは取っておきましょう。攻撃力が20点ブーストします。
また、ここに来る前に「耐電バッジ」と「よい薬x9」を買ってウルウルBに持たせておきましょう。
理由は後ほど。



そして頂上へと到着。





なんともワガママな魔人ですね。
強気なのか弱気なのかイマイチよく判りません。
まあ、ぶっちゃけますとこやつのHPは約330点しかないので、
主人公たちが加勢すると1ターンで勝負が決まっちまいます。
ま、シナリオ上の問題ですので、ここは仕方なくタイマンで。


・・そして、ウルウルBは最後の試練へと立ち向かう・・・・








・・・・・・・まじぃぃぃぃぃぃんーーーーっ?!?!?
どうみても魔人というよりただの怪しい人です。本当にありがとうございました。
つかデザインセンスない魔人だなおい。



なお、先ほども述べたとおり、こやつのHPは約330点です。
値だけを見るとそんなに脅威ではないんですが、魔人は実はバリアという技を使ってきます。
これを使われると、3ターンの間攻撃が通らなくなります。
バリアを張られるとどうしようもないので、仕方なく防御を試みましょう。

相手の主な攻撃は2種類の電撃です。ここで先ほどの耐電バッジが役に立ちます。
ダメージをある程度抑えてくれますので、薬の使用タイミングを計りながら使うことが出来ます。
装備さえ確実なら、初期レベルであるLv12でも勝つことが可能です。


そして、激闘の結果・・






魔人=ウルウルマンという衝撃の事実発覚。


えー、なんでこうなったかといいますと、
シュババ光線は過酷なことをしないと身に付けられない技らしいのです。
親の攻撃を子が受け、子の攻撃を親が受け、
そうしてる間に取得されるという技らしいのです。

つまり、これを取得するためにウルウルマンは命を張ったということになります。
そうして、ウルウルBにシュババ光線を伝授して、ウルウルマンは力を使い果たし、絶命します。
・・宇宙の大ヒーロー、今までご苦労様でした。安らかに・・・



父を乗り越え、ウルウルBはシュババ光線を取得。
氷付けにされた博士たちを救うために再び城へ移動!



・・とその前に、このシュババ光線。戦闘中でも使えるみたいですので、
威力の程を実験したいと思います。
それ、シュババ光線発射!!!









・・・・あれ?


期待の割にはイマイチダメージが走りませんにょ?
しかも自分もダメージくらってますし。
これは自己犠牲の技なんでしょうか?



・参考比較、主人公の攻撃






・・・・・えー・・・・
ウルウルマンが命をかけてまで伝授した技なのに、肝心の威力がさっぱしありません。
な、なんちゅー使えない技なんでしょう・・・
横一列貫通攻撃とはいえ、主人公の半分のダメージすら出せないとは・・・








:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..     /ヽ ::::。
:. .:::::。:::........ . .:::::::::::::::::    イヽ .ト、 ::::::::::::
:::: :::::::::.....:☆彡::::    .  /   |.| ヽ.  : ::::::::::::::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: ::::   . /     ||  ヽ ...........:::
::::::...゜ . .:::::::::   ........ 〈  __   ||  `l_....... .
:::::::::....... . ::::::::     |ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| | ..........
:::::::::..........: :::::::::::::: ::::::: .|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/ ...................
:::: ::::::::::::::.......... ::::::::::..... ヾ/.::.    |  ./ ............
::::::::::::::::::::::::............ :::::::   ';:::::┌===┐./  ......
::::::::::::::::::::::............ :::::::::... _〉ヾ ヾ二ソ./    .......
:.... .... .. . ..................... :::::::::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三





改めてウルウルマンのご冥福をお祈りします。




まあ、それはおいときまして(ぉぃ
この力を使って、氷付けにされてる人たちを救出します。
ウルウルカーを使って移動開始ー



余談・謎バグ。










こうして溶かしてくれるのですが、
エフェクトがやけにチープなのは仕様ですか?
まあ、SFCですし摩訶摩訶ですしあまり過度の期待をするのは酷ですな。
パスカル博士もこの光線で上手く救出することができた・・・かに見せかけたのですが、
またも敵に連れ去られる博士。ピーチ姫かいあんたわ。
まあでも今回は穴に落としただけですので、結構追撃はラクでしたけど。





助けるこっちの身にもなってください博士。






如何にもボスの予感。
そう直感した矢先、敵の影が・・・





床から!!





ええ、床が目をカッと見開いてきたのです。
で、床が相手かとを思いきや、実はそうでもなかったのです。
























・・・・すいません、ノーコメントにさせてください。



とりあえずこやつは強いです。
一撃で150点近いダメージをだす攻撃力に、あと骨抜きを使ってきます。











・・・・・・こいつ女かよっ!!!





ごめんなさい。さらに士気低下。
ウチこいつ倒すためならギャ●ック砲使ってもいいです。
マジでこのキモい生態どうにかしてください・・・('A`)



とりあえず主人公はギャ●ック砲が使えないので正攻法で。情けないやつめ。
えー・・とりあえずさくらが倒されないように注意して、骨抜きにされたアホンダラが出たら
さくらの特殊能力で回復しつつ、アタッカー二人でHPを削っていきましょう。




とりあえず精神ダメージ受けましたんで、マロン先生(QMA)に癒されに逝ってきます・・・('A`)





第八話へ  レビュートップへ戻る  第十話へ