みなさんこんにちわ。一週間ぶりの登場、さたどらです。
最近わりかしペース遅くてすみません・・・(;´Д`)
これも自分の遅筆ぶりが悪いのです。


だがしかし!昨日ふと摩訶摩訶でググってみたらいいサイトを発見!
人生の憂鬱様(管理人・電柱様)でございます。
ものすっご強力なデータベースと攻略を持ってますので、大きな味方となるでしょう。
これからはこれも参考にさせていただきます。( ̄▽ ̄)/


そして、今までの自分のプレイに無駄があったことを知り、鬱(ぇ




さて、前回は星のラッパでウルウル星を召還するところまででした。
スクラップにされたジョニーが意外に元気でしたな。
ちなみに彼はどっかの病院に行ったそうですが、それはまた適当に探してみるとしましょう。


そして星のラッパをつかうと、UFOビームで吸い込まれ、
主人公たちはウルウル星に行くことになりました。
そして、目の前に広がるは異世界の光景。
・・・こ、これがウルウル星・・・・






思いっきりどこかでみたことのある顔なんですが。
ここ、M78星雲の間違いじゃないんですか?



そんな、ウルトラマンウルウルマンだらけのこの星。
いかにも異世界の人種といった感じがします。
だが、そんな中約一名、周りと違った人がおりました。






お 前 ど う や っ て こ こ に 来 た 。
明らかに人間、しかもスケベ親父。
なんか選ばれた人間だったりするのでしょうか?意味不明です。
まずなによりこのゲーム自体が意味不明だったりしますけど。



とりあえずはこの星をうろついてみることに。
この星にある施設は、宿屋と霊媒師のみ。
・・しけてんなおい。






とりあえずは建物があったので、入ってみることに。



















な ん だ こ り ゃ 。

わりかしプレイヤーをおちょくってるとしか思えない仕掛け。
そこにある扉らしきものは単なる飾りですか?
それとも中の構造と扉との間を結ぶのを忘れてたとかいうオチですか?


このゲームの構造上、後者のほうが可能性大と見ました。



とりあえず「プラズマリングがないとウルウルマンが呼び出せない」という情報以外には
めぼしきもの(アイテムとか追加情報とか)は特になかったです。
とある一つのものを除いて。






暗に「井戸に飛び込め」と言われてる気がするんですが。


ぶっちゃけ他には仕掛けらしきものも、進行に関係のあるものもないため、
ここに飛び込むという選択肢以外がないのですよ。
ねえ、もうすこし自然に井戸に飛び込む展開にしようよライターさん。
ここまであからさまだと・・・・(;´Д`)



仕方無に井戸にダイブする一同。
ここからは井戸のダンジョンになります。
ここの井戸は全二階構成で、1階と地下1階という構成になってます。
井戸というだけあって、そこまで構造は複雑じゃないんですが、
無駄にだだっ広いのとエンカウント率の高さで、結構めんどかったりします。
出てくる敵は、グルメ姫の体内にでてきた香具師らの強化版ばかりです。(グラ同じで色違いってやつね)


ここのダンジョンはグルメ姫の体内と同レベルらしいです。


敵は全部で四種類。総じて強い敵ではありません。
ただ、なにかと毒がついて回るので、うっとおしいことこの上ないです。
しかも、それのパワーアップ版である「猛毒」というステータスが初登場。
一歩歩くことに、HPが10点持ってかれる悪魔のステータス異常です。
一応さくらが毒を治す特殊能力をLv12で覚えてくれるんですが、
例の移動中変身バグによって、全く役に立ちません。
なので、毒消し草を沢山持っていくことをお勧めいたします。
でないと、わざわざ戦闘中に治さないといけない羽目になり、効率がものすっご悪いです・・・



そして、後半あたりにくると、ギーガの卵なる謎アイテムをゲッツ。
し か も 三 つ も 。
いかにも怪しさ満点のアイテムです。
えー、このアイテムの効果はっと・・・・・



使うと「ギーガ」とすぐ戦闘になる。
ダメージ150点ぐらいのグループ貫通攻撃を使う。




勝てるかボケエエエエエエエエエエエエ!!!



流石は摩訶摩訶。こんなイカレイカしたアイテムをダンジョン中に用意してくれるとは!
コレ使ってダンジョン始めからやりなおした哀れな人が何人いるんでしょうか。
怪しいアイテムは使わず放置。これがこのゲームをプレイするために必要な心構えです。



んで、ダンジョン散策をしてるうちに、主人公がLv18になりました。
ここの敵はあんま強くないので、経験値のいいカモ(但し経験値は少ない)なんですが、
なんとここの敵、倒してもビタ一文くれやしません。
ここに出てくる四種の敵はいずれも0Sなんですよ。戦利金が。
わりかし舐めてます。



洞窟の最深部に辿り着くと、狭い部屋の中に一つの宝箱が。
開けるとなんとそこにはプラズマリングが!
ちゃーらっららーとかいうBGMとともに、貴重品ゲットです!
そんなもの宝箱に入れておくなよ。
ウルウル星人の貴重品を保存する場所の意味がよくわからんです。



さあ、プラズマリングを手に入れてしまえば、あとはこんな銭入らない洞窟に用はないです。
なんでも話によると、






らしいので、広場でプラズマリングを掲げてみることに。
プラズマリングを選択して・・・てい、やー!!


















おめえがウルウルマンかよ!!


あー・・・だから人間っぽい香具師が一名だけ混じってたんですね・・・・
いくら力を封印するためとはいえ、ダメ人間に化けることはないと思うのですが。






そんなプレイヤーのツッコミ&嘆きは無視して、華麗に登場するウルウルマン。






べちゃ。



登場していきなりコケるなああああああああ!!!


このウルウルマン、伝説の宇宙のヒーローらしいのですが、説得力皆無。
いや、年くいすぎて衰えたらしいのですが・・・・






これだしなぁ・・・・


どの世界でも年食うと、過去の栄光なんだなぁ・・・とか感じました。
まあ、見ての通りウルウルマンは年のため役に立たないらしいです。
これじゃあねぇ・・・・
なので、息子が代わりに登場してくれるみたいです。
その名も「ウルウルボーイ」!
密かにウルウルマンタロウとか期待してたのはウチです。
三つ子岩の西のほうで修行をしてるらしいですので、しかたねーから移動します。


そして、ここでウルウルマンから一つプレゼントを頂きます。
「ウルウルカー」なるものを手に入れました。
なんとこのアイテム、乗り物アイテムなのですが、
コレに乗ってる間、エンカウント率がゼロになります。
エンカウント率が高くて、比較的敵とのパワーバランスが壊れてるこのゲームにおいて、
これはかなりうれしいことだったりします。
ただ、この乗りものは、方向キーを押すと、キーを放してもそのまま走りっぱなし。
このとき障害物にぶつかると、エンカウントします。
これだけには注意しましょう。ただし、エンカウントが操作できるのはうれしいです。



で、あとこの乗り物のもう一つの特徴としましては、溶岩が超えられます。
なんちゅーピンポイントな特徴なんだ?と思うかもしれませんが、






なんと都合のいいところに溶岩が。


まあ、さっそくこの乗り物が役に立つわけですよ。



次回はこの乗り物に乗って、溶岩を超えたいと思います。





第七話へ  レビュートップへ戻る  第九話へ