みなさんこんにちわ。前の回から随分離れてしまいました、さたどらです。
いやあ、この間色々ありまして・・・(大したことはしていない)
単に怠けてただけです。ずびばぜん_| ̄|○
まあ、ソレはソレと致しまして(ぉぃ)、今日もバシバシいきますよー
次の更新は何週間後になるかわかりませんが。



前回はオオグイ大王を倒しました。
この人(?)、ブタを生でぺロリとひとのみにするのが好きだったらしいです。
そのせいか、庭で食用ブタを飼ってたらしいです。





・・・数少なくないですか?
あれだけの大食いなら、数千はいないといけないのでわ?
なのにもかかわらず、ここにいるのはいいとこ十匹。


オオグイ大王は主人公が何もしなくてもそのうち飢え死だったと思われます。






お前はそれでいいのか?!



で、入り口をふさいでた黒ブタがどいて、先に進めるようになるのですが、
ここからの敵は結構容赦ないです。
中でも一番強いのが、ピラミッド男。
べらぼーに堅い装甲と、全体攻撃、そして特殊能力封印に、単体攻撃はダメージ50点前後。
これが4体表れた日には、逃げたくもなるほどの強敵です。
現に、ウチはピラミッド男x4と戦って、全滅しました・・・
こいつに有効な攻撃は、主人公のソードアタック、ジョニーの電気の実験、
そして、マサのハヤブサ切りです。
特に一番最後のは、ダメージが滅法でかいので、積極的に使っていきましょう。
ただし、マサのTPが少ないので、使いすぎにはご用心。



そして、砂漠の真ん中にある町に辿り着くのですが・・・
いまいち情報が上手くまとまりきりません。次の目的地がさっぱり読めないのです。
ここらへんは製作者たちの配慮不足なのでしょうか・・・
ヒントは多いのですが、それが次に何をしたらいいのかよくわからないのですよ。


まあ、迷っても仕方がないので、とりあえずはマカマカ団に滅ぼされた町に行ってみることに。





うわぁ・・・・
思いっきり荒らされてますね・・・。建物もボロボロです。
爆弾でも使ったのでしょうか。それとも自力でハンマー?!
ヤバイ、ウチとしてはハンマー説を支持したくなりました。
かっこいいじゃないですか、ハンマー!
いけーいけー!(電波障害が発生しましたのでしばらくお待ちください)



とりあえずここから北の城に、拉致された科学者たちが幽閉されてるらしいので、
この町にある回復の泉を上手く活用しつつも移動開始。
トメさん倒してなくてレベル足りない方は、しばらくここで上げることをオススメします。






砂漠のど真ん中に目立つ城。
これ以上ないくらい自己主張してます。
このゲームは世界地図というものがなく、迷いやすいのですが、
これだけ大きければ迷うことは殆どありません。
わーい、しょしんしゃにもやさしいせっけいだねーー(棒読み)


敵の強さは全然初心者に優しくないですが。






上の方にとらわれた科学者たちハケーン!!
見張りがいるようですが、救出しなければ!
いや、だって救出しなけりゃ話が進まないじゃないですか。






ってお 前 が 見 張 り か よ !!


何故こんな重要な任務を、スライム程度の戦闘力しかない下級ショッカーに・・・
まだそこらへんでエンカウントするモンスターのほうが数十倍強いです。
どう考えても人選ミスです。本当にありがとうございました。



というわけで、2秒で見張りをKOした主人公たち。
科学者たちを救出することに成功します。
奥の重厚そうな扉を開くには鍵が要りますが、すぐに見つかるので問題ありません。
ただし、箱の1スクエア手前の位置には注意してください。
侵入しないほうが身のためです。



ここから先に進むと、存在を忘れかけてたパスカル博士と再会。






すぐに氷付けにされてしまいますけど。


流石は摩訶摩訶。中途半端にシュールなシーンも忘れません。
で、この氷付けの人たちを救出するには、シュパパ光線なるものが必要らしいです。



・・・なんですか?その最強にチープな必殺技っぽいものは。
流石は摩訶摩訶。ネーミングセンスのカケラがないところはこんなところでも生かされてます!
で、この必殺技を使えるのはウルウルマンという人種らしいです。
すぐに泣き喚きそうな種族ですが、役に立つんでしょうか?



このフロアを一つ駆け上がると、ボスのいる場所へといけます。
で、ここらへんまで進めてきた人なら判ると思いますが、このゲームには大きなバグがあります。
ますその一つが、移動中に使う変身(いわゆる魔法)です。
「変身」を選ぶと、誰の技を使うかを選択するのですが、
ここで誰を選んでも主人公の覚えてる技しか選択できません。
なので、回復魔法に優れてるさくらの特殊能力も、生かせるのは戦闘中だけ!
なかなかシュールな気分にさせてくれます。初めて気付いた時は脱力感を感じました。
まあ、主人公に回復魔法があるので、自力回復できない人でも回復魔法を使えるのが魅力なんですが。


あ、ちなみに使えるのは主人公の技のみですが、TPはちゃんと選択した人のから減らされます。



さて、このようなバグを利用して、普段あまり特殊能力を使わない
ジョニーのTPを使って体力を回復させ、ボスに備えましょう。
さて、ボスはどこかしらー・・・・






死ぬほどわかりやすいんですけど。


いかにも俺がボスだ!見たいな感じで堂々と居座ってます。
ここまでわかりやすく人目でわかるボスというのも珍しい。






↑ずいぶんとたいそうなことを言ってます。
で、こいつを倒すと、星のラッパなるアイテムをゲッツできます。
これを使って、先ほどの街で得た情報から次の目的地がきまります。






え?ボスの攻略方法ですって?
そんなものはありません。だって2ターンで戦闘終わっちゃいましたので。
正攻法で十分倒せます。正直ピラミッド男x4のほうが強いです。



そして、先ほどの滅んだ街とは反対方向の砂漠に進みます。
目標は三つ子岩なるところで、そこで星のラッパを使うと何かが起こるとのことです。
前述の通り、世界地図がないので大変見つけるのが難しいですが、
メニュー画面を開くと何故かズームアウトしてくれるので、これを頼りに進みましょう。
変なシステムも役に立つことってあるものなんですね。






これです、これ。
結構ここまで来るのに苦労しましたが、この中で戦闘イベントとかは発生しないので、
ここに来ることまでを前提でTP配分を考えましょう。
派手に飛ばしちゃっても全然かまいません。






さあ、ここで星のラッパを使います。
何が起こるかはわかりませんが、おいでませ、次なるイベント!!















「ぱらり〜らら、ぱらりらりら〜〜〜」






何 故 に チ ャ ル メ ラ 。


せっかくの緊張感が一発でぶち壊しです。
流石は摩訶摩訶、どんな時でも遊び心を忘れません。



そして、やる気のないチャルメラの音が終わった瞬間、何かが降って来ます。
おお、これが噂に聞いたウルウル星・・・!







・・って、あれ?






止 ま ら な い ん で す が 。


ジョニー「危ない!みんな逃げろ!」


そう言ってみんなを逃がし、自ら盾になるジョニー!
しかし、星の落下を防ぎきることは出来ず、そのまま下敷きになってしまう・・・
なんてことだ・・・仲間のために自らの命を犠牲に・・・
ありがとうジョニー、君の事はけして忘れないよ・・・・
















何故生きてるんだあんたわ。


感動のシーンが台無しです。というか、なんで星に潰されて生きてるんだ・・・?
そして、「すまないが俺は治療のために病院に行く!」と言い残します。







星の下敷きになったジョニー、すたこらさっさと自力で病院に移動。
って、十 分 元 気 じ ゃ な い か 。
病院に行く必要・・・あるのかなー・・・?



さて、次回はウルウル星に突入します。





第六話へ  レビュートップへ戻る  第八話へ