みなさんこんにちわ。今日で六日目、さたどらでございます。
まだまだ前半戦って感じですが、今日もそれなりにスコスコ進めていきたいと思います。
まあメイン日記のほうがおざなりですが、気にしないように(ぇ



グルメ姫を打ち破った一同。ついでにトメさん倒してパワーアップ
一気にLv14です。トメさん効果恐るべし、って感じですね。
そういえば前回、一つ店を無視してたんですが、
アルキメデス博士のいる街、どうやら女性物専用売場があったみたいなのです。
いやあ、すっかり忘れてましたよ。
さくらのパワーアップをするため、その店へ直行。


■ 売り物





や っ ぱ り こ ん な も の ば っ か り で す か 。


ここのスタッフの、女物下着に関する執着心は並大抵じゃないことがわかりました。
右下の耐熱ブローチだけが存在浮いてます(;´Д`)


とりあえず護りのリボンとおしゃれなドレスを購入。
あ、ちなみにさくらの武器はリボンです。リボンで相手を巻き付けて?攻撃するのです。
あんまり強そうじゃないように見えるのは気のせいです。



Lvが一気に上がったことにより、結構先制攻撃取れるようになりました。
特に、攻撃力のめっぽう高いマサ(包丁もったおっちゃん)は、抜群の破壊力。
クリティカル出せば、ダメージ200点超えます。
明らかに主人公共々銃刀法違反なんですけどね。
この世界に銃刀法違反という法律があるかどうかはわかりませんが。
細かく考えると、既に百人以上のショッカー切り殺してる気がしますけど、
勇者は何しても犯罪にならないというこの世の法則に基づいて、
堂々としていきたいと思います。前科に下着ドロもありますけど。






ここがオオグイ大王の根城です。
なんというか、とてもゲーム的な位置に居座ってますね。
いかにも、ここクリアしないと先進めませんみたいな構造してます。
戦国時代とかならわからんでもないですが、別に大軍で攻めてくるわけでもあるまいに・・・
なんにせよ、かなり迷惑な位置にある城だったりします。






内部構造はこんな感じです。
で、この城なのですが、何故か霊媒師が常駐してます。
オオグイ大王直属の部下なのでしょうか。なんにせよ意味不明です。
まあ、全滅してもやり直しが利きますので、割と楽と言えば楽ですな。


さて、毎度おなじみここに居座るモンスターどもですが・・・





流石は摩訶ワールド。何でもありって感じですな。
なんでもザコとつければいいってものじゃないんですけどね・・・


で、ここらへんの敵なのですが、ぶっちゃけ電気男の電気攻撃以外は
通常攻撃としてダメージ高くなく、痛くないです。ただ、クリティカル食うと話は別です。
といいますのも、このゲーム。相手から食らう全ダメージの七割はクリティカル被弾ダメージです。
それだけクリティカルをボコボコ出してきます(;´Д`)
こっちもクリティカル率は高いのですが、相手に出されると結構たまったものじゃありません。
回復アイテムだけはきっちりと持っていったほうがいいですね。



ついに最上階到着。ボスのオオグイ大王とご対面!
・・・・なのですが・・・・






ボス、いません。
さては敵前逃亡か?!と思いきや、一度下に移動して玉座のほうに回りこむと、
ちゃんと映ってくれます。
ただし、そこからボスと話すまでに一回でもエンカウントすると、ボスがまた消えます。
その結果、以下のようなステキな現象が起こります。






空 耳 バ ン ザ イ 。
といいますか、「俺の可愛いグルメ姫」をって・・・・
確かに肉親なら、そう思うのもわからんでもないです。
ただ、攻撃方法がガスで、あの腹ですよ?
この世界にまともな美的感覚を持つ人間はいないのでしょうか。


あ、そうでした。シンシア一族もこやつらも化け物でした。



主人公たちは透明人間(ただのバグ)オオグイ大王と戦うわけですが・・・






そのなんとも言えないビジュアル、ステキすぎです。
こやつらの内臓と足腰、どんなけ強靭なんでしょうか。
とても王としての威厳があるようには見えませんけど。
なんせほぼ全裸ですし、よだれ垂らしてますし。
パワーイズジャスティスをこの上なく表現した香具師だと思います。


さて、こやつですが・・・トメさん倒してるなら特に注意することはありません。
一撃のダメージがでかく、一発で100点前後持ってかれますけど、
敏捷力が低いため、高確率で先制取れます。
さくらの回復特技をベースに、他の三人でボコボコなぐってやりましょう。
レベルが低い場合は、誰かが戦闘不能にならないよう気をつけましょう。
一人でも倒れると、辛くなります。



そうして、ようやく倒れてくれるわけですが、(HPはムダに高いのです)






お前もまだ食い足りないのかよ!!


この兄にしてあの妹あり。最期の一言までおんなじような内容。
このゲームにはこんな奴しかいないのですか。
迷惑な人間かモンスターしかいないってどうかと思うのですが(;´Д`)



まあ、とりあえずこれでココの城を通り抜けられるようになりました。
今回はプレイ範囲が短かったので、比較的文章も短めですが、よろしくお願いいたします。





第五話へ  レビュートップへ戻る  第七話へ