みなさんこんにちわ。完全に趣味で書きまくってるさたどらでございます。
これ、超自己満足的文章だったりしますが、まあ気にしない方向で(ぇ
まあ、サイト自体が自己満足なものなので、今更何?って感じでもあるのですが。



では話を進めましょう。
北斗神拳の使い手セラの後を追うために、山に登山します。
とりあえず目的は今のところはっきりしてませんが、彼女のところに遊びに行くため、
とでも考えておけばいいでしょう。
このゲームにストーリーを求めてはいけませんので。






これが山です。火山に見えなくもないですが。
まあ、火の鳥が住んでるらしいですから赤いほうがそれっぽい雰囲気でますけど。





内部はこんな感じ。
ここの敵は、フィールドに出てきた敵+洞窟に出てきた奴一匹+新参キャラです。
この新参のオームガエシというモンスターなのですが、こいつがなかなか手ごわいです。
名は体を表すように、こちらの攻撃をカウンターしてきます。
Lv7の主人公の一撃が50点ぐらい入りますから、二発カウンターされたら終わります。
しかもこやつ、敏捷力めっさ高いです。パンティ装備の主人公より早いジョニーでも追いつけません。

しかし、ここで役に立つのがツインナイフ装備のジョニー。
このカウンター攻撃なのですが、一グループ攻撃被弾のときはカウンターできないらしいのです。
なので、攻撃はもっぱらジョニーに任せたほうが得策です。
ジョニーがLv7でパワーリスト二つ装備させた状態なら、一撃で倒せます。
そのため、この前の洞窟内部では必ずツインナイフを拾っておきましょう。
この山で拾う「いいナイフ」は単体攻撃なので使えねぇですから。



ちなみにこの山に出てくる敵は、大型植物以外はジョニーの一撃で大体ほふれます。
ぶっちゃけ主人公の存在意義がありません(;´Д`)
まあ、ジョニーを守る盾と考えてやりましょう。
主人公なのにソレはどうよ?と言われてもどうしようもないです。
この世は力が命ですから。パワーイズジャスティス。



ここの山はそんなに広くなく、一フィールドで終わりです。
階段とかのフロア移動もありません。
そして、山頂に行くと、セラと火の鳥(だと思われる物体)を発見。






よかった・・・火の鳥はとりあえずまともっぺえ・・・・・・・










何 故 に 関 西 弁 。


・・・やっぱりこの世界にマトモな住人を期待しないほうがいいみたいです。
まあこいつはトリですけど・・・・・

で、セラの話によると、この鳥は翼が傷ついて飛べないらしい。
それを治すためにはレリカという薬草が必要なのですが、
これは王(モンスター・シンシアの父)が隠したらしいのです。
なんでも島の住民が外世界へ行くのを恐れたためとか。



・・・火の鳥は怪我してるのにそんな理由で放置ですか?
いや・・住民が出てくのを恐れるのはわかるのですが、向こうは怪我してるんですよ・・・?
この島に、鳥に人権・・・じゃなくて鳥権は存在しないんでしょうか。
なんにせよ、動物保護団体からクレームがきそうな国ではあります。



で、そのレリカは宮殿の二階にあるらしいのですが、厳重な警備のため
取ることができないとのこと。
まあ、警備してて当たり前なんですけどね。キーアイテムっぽいですし。
さてどうしたもんだかと思ったときに、ジョニーが何かを思い立ったかのように提案。


ジ「よーし、それなら俺に任しとけ。俺は一足先に行って準備しとくぜ。
城の二階の倉庫の前で待ってるぜ!」




といって、一人で下山。
うおーーーい!ウチも連れてかんかい!!
一足先って・・・走力自体はあんたとそんなに変わんないでしょうが・・・(;´Д`)


そんなわけで、一人で下山するはめに。
このときの主人公のLvが5以下だとまず生きて帰れません。
ウチのデータではLv7でしたのでそれなりに大丈夫だったのですが、
ピストルを持ったカエルには要注意。クリティカルを二発被弾すると死にます。
しかも結構な確率でクリティカルが出るので、結構鬼です・・・(;´Д`)



そんなこんなで苦労して下山。
ランダムエンカウントで出てくる敵は、カエル以外に怖い奴はいないので、
苦労せずに集落に到着できるでしょう。
そして、約束どおり宮殿の二階に行ったんですが・・・・






またこのパターンかーーーい!!!


警備員は中に人が入ってると疑いもせずに、倉庫に持ち運びます。
そして、倉庫に入った瞬間ジョニーが動き出す!





それ、強盗と言わないか?
この国でも立派な犯罪者になってしまいましたよ・・・(;´Д`)
この人、そのうち国際指名手配犯になりそうな気がします。



まあ、何はともあれ薬草をゲッツした主人公。
早速山へリターンをかけます。






誰だよお前!!




ここでまた山に登るのですが、二回目なので迷わないでしょう。
ジョニーのナイフでバッサバッサ倒していきましょう。
HPがきつい時は、モモンガの落とす桃で自主回復しましょう。



山頂にて再び鳥とご対面します。
セラに話しかけると「早くレリカを使ってあげて☆」と言う答えが。
まあ、使わないと話が進まないので、早速使ってあげます。
ようやくコレで火の鳥の怪我が治るはず・・・・・











足 が 伸 び ま し た 。



セ「ご・め・ん!薬草の種類間違えちゃった・・・」
「間違えちゃった」で済ますな!!
これ、鳥にとっては死活問題なのでわ・・・・?(;´Д`)
もはや偉大さなんてドブに流されました、みたいなそんな感じです。
しかしここは流石伝説(?)の火の鳥。寛大です。
背中に乗っけてこの島を脱出させてくれるみたいです。


そして、ジョニーがセラに「可愛い」とコメント。
今までブスとしか言われてこなかったセラは大喜びして、
動物語を主人公たちに教えてくれることになりました。
まあ、あの怪生物がドンなら仕方ない気もしますが・・(;´Д`)
異世界の美的感覚はよーわかりません。






覚えてしまった、って・・・・
覚えたらあかんかったんかい( ̄▽ ̄;|||)
そんなあたかも間違えて習得してしまったかのごとくメッセージ・・・
まあ、主人公、また人間から遠ざかってしまいましたけど。







火 の 鳥 、 体 分 割 。
まあ、このゲームでこういうバグは日常茶飯事ですので、気にしてはいけません。
そのうち慣れます。(慣れたくない
クソゲーの魅力とは、こういうところにあると思うんですよ!!


(大きく間違った結論に)


そんなわけで怪我も癒えた火の鳥。(足長病もゲッツ)
主人公たちを乗せて大空を飛んでくれるはず・・・・・






って歩 く ん か い !!!
その背中に生えた羽は飾りですか?(;´Д`)
しかも最短ルートを通らず、意味もなく変なルートを経由する鳥。
所詮はトリアタマですか・・・・



▼絶対水上を歩いてる





そうして、なんとか主人公たちを別大陸へと移動。
移動手段がかっこ悪かったが、ありがとう火の鳥!君の事は忘れな・・・・・










って、空飛べるんなら最初から飛ばんかい!!!



ここから新大陸なのですが、敵が一新され、強くなってます。
そして、敵の風貌も一段と強く見えるようになってるはず・・・・!










やっぱりこんなんばっかかーい!!
ええ・・・もうこれ以上はなにも言いません・・・(つД`)
しばらくレベル上げのために、適当にバナナ男狩りしてます・・・・










第三話へ  レビュートップへ戻る  第五話へ