みなさんこんにちわ。前回の悲惨な出だしから一夜、さたどらでございます。
いきなり衝撃の連続でしたからね。まさかあそこまで凄い内容だとは・・・(;´Д`)
ヒロインのパンティ装備する主人公なんて聞いたことないです。
(装備するほうも装備するほうだが)


さて、気を取り直してプレイ再開です。
ヒロインのさくらの父・パスカル博士という人は、世界でも名高い科学者らしいです。
もしかしたらその人なら、ミジンコ病(命名・さたどら)を治せるかも。
そんな期待を寄せて、さくらの家に直行。
そうしたら、家にさくらの姿が。しかし博士はいません。
なんでも世界的会議があるため、空港にいったのこと。
なんでこんなときに・・・(;´Д`)






ちなみにこの娘がさくらです。
流石に十三年前のゲームなだけあって、ちとチープなところもありますが、
白を基調としたドレス、黒髪にヘアバンドと、なかなかな王道的ヒロイン。
ちと脳内変換施して今風(萌え系)にしてやると、かなり萌えます。
素材がいいってことですね!(←おい)



さて、やはりDQなどをやってきたウチとしては、タンスを本能的に探りたくなるもの。
やってることは泥棒か強盗なんですけどね。
とりあえずは調査だ!









・・って、今 度 は ブ ル マ か よ !
これ絶対さくらのやつでしょ・・・?(;´Д`)
確かにウチはうれしいがこんなアイテムばっか出してどうする!!


ちなみに、隣のタンスはブラジャーでした。
くそ、羨ましくなんかないぞ!ちくしょう!



で、せめて主人公に装備させてみようと思いました。でも装備不能でした。
なんでパンティは装備できるのに、ブルマやブラはできないんだ!(魂の叫び




(これ以上やりすぎると女性客が引くので一時中断。)





さあ、装備も整えたし、フィールドに出てみることにします。





これが摩訶摩訶のフィールドです。極普通ですね。
街から出るとき、少し処理が遅い気がしましたが、気にしない方向で逝きましょう。
これROMじゃなくてディスクメディア使ってるんじゃないか?とか思いましたけど。
街だと結構動きトロかったりしましたが、フィールド出ると
マップが広いせいか、快適に動くことが出来ます。意外ですな。


そして敵とエンカウント、戦闘に入ります。
戦闘音楽の個人的な感想としましては、ややチープさを感じるものの、
このゲームの音楽全部チープまあなんとなく戦闘って雰囲気はあるのでとりあえずよし。
始めて戦う敵といえば、スライムかゴブリンって感じなんですが、
こいつはいったい誰が出てくるのか・・・・








・・・・これ、オープニングに出てきたショッカーとちゃいます?
しかも敵の名前が「ザコ」。見たまんまです。
ここまでストレートでわかりやすい名前は他にないと思います。
といいますか、他に思いつかんかったのかスタッフよ。
せめてショッカーとか戦闘員のほうがまだマシだったと思います。
ザコと名づけられてしまった下っ端戦闘員に、涙を流さずに入られません。(机の横に目薬)


・・・しっかし、改めてみると、ダッサイ主人公だねぇ・・・・



・・・ん?この主人公、誰かに似ているような気が・・・・・









・・・・・・・・・・・





とりあえずウチはノーコメントとさせていただきます。



・その他の主人公セレクション。



▲顔イッちゃってます。



▲剣の振り方にやる気が感じられません。



さて、主にプレイヤーの精神的に必死の思いで空港に到着。
博士はいるかなーっと・・・・

博士「それでは、行ってまいります!」

そういって飛行機に乗り込んだ博士。これは後を追わねば!
そして乗り込もうとする主人公に、係員が呼び止めます。


係「あ〜ん?搭乗券は持ってるかね?」
「搭乗券も買わないで入ろうなんて、甘いよ〜ん」



確かにその通りなのですが、無性に殺意が沸いてくるのは何故でしょう。
そもそも客商売なのに、客に対してタメ口で喋るな!お前本当に正社員か?!


まあ、グダグダいっても仕方がないので、チケを買うことに。
一泊5S(\4000と仮定)の物価ですから、200S(約\160000)程度払えば余裕で・・・







力 一 杯 追 い か え さ れ ま す た 。
チケがないのはわかるが、なんでそんなに大声で叫ぶ?
そこまで主人公に飛行機乗られたくないんでしょうか。こっちは仮にも客だぞ?


こんな態度の悪い社員ばかりの空港会社。先は見えてるような気がします。



うーむ、どうしたものだか・・と思ってると、
箱ばかりの荷物庫に、一つ違和感のある箱を発見。
・・・・・・・・もしかして?調べてみます。



「やあ、俺世界を放浪してるさすらいのジョニーってんだ。



は、箱が喋ったーーーーー?!?!
大興奮かと思ったら、単に箱を鎧(?)にしてるみたいです。
キザっぽく口になにかくわえてますが、体の箱のせいで超かっこ悪いです。


で、目の前には荷物を運ぶベルトコンベア・・・・・・
どうやって飛行機に乗るのか教えてくれるというジョニー。


・・・・・・・もしや?


ジョニー「嘘だと思うなら、隣の箱に入ってみな」



言われるがままに入りました。







「な、ただ乗りなんて簡単だろ?」じゃねえええええええ!!!

これ、立派なただ乗りで犯罪じゃないんですか?(;´Д`)
最近では定期のキセル乗車ですら禁じられているご時世なのに、
飛行機のただ乗りなんてしたら法外な料金取られますよ?
・・・こいつ、世界を放浪してると言ってますが、
もしや毎回この方法で乗ってるんじゃないだろうな?



・・・・考えるのをやめることにします・・・・orz
そしていいかげん気づけベルトコンベアの職員よ。
箱に堂々と大穴開いてるんだからさ。




ジョニー「さあて、一休みするかな」
お前なにもしてないだろうがああああああああ!!



・・・・・本題に戻りましょう。博士を追います。
すると、博士はショッカーマカマカ団の手下に囲まれています。
どうやらこれは博士を誘い込み、誘拐するための罠だったらしいです。
・・・そこまでして博士を捉える必要があるか・・・
やはりこの物語のキーポイントは博士のようです。


そして、「み〜〜た〜〜な〜〜?」と言わんばかりに襲い掛かってくる手下!






って、お前たちも「ザコ」かよ!!
つかスチュワーザコって・・・
今までスチュワーデスってこいつが変身してたってオチですか?
・・・・・うわぁ・・・・・・・萌えねぇ


所詮はザコなんで、一撃で倒せちゃいます。2ターンで速攻撃破。
さあ、今度は俺の番だ、といわんばかりににじり寄ってくる隊長。
初の中ボスってところですな。なんせ隊長ですし。






お前まで「ザコ」かよ!!!


このスタッフって、敵のネーム真面目に考えてたんでしょうか・・・・?(;´Д`)
ウチには手抜きにしか見えんのですが・・・・・
ま、まあ!中身があれば名前なんて飾りですよね!ね!!(自分を奮い立たせるように
剣を構えて・・・・食らえ隊長よ!アターーーーック!!


スフィアの攻撃、29のダメージ!


ちゅどーん・・・・




って、中ボス一発かよ!
よえぇ・・・・(;´Д`)
やはり所詮はザコだったみたいです。期待するだけムダでした。
そのワリには160S持ってたりと、意外にブルジョワンな隊長。
貴方のことは忘れるまで忘れません・・・・(三日後忘却の彼方へ送還)



なにはともあれ、必死(?)な戦いを制した主人公。
博士を助けようとしたわけですが・・・・







飛行機が突然空中分解しました。
・・・・・・・・って、なんでやねん!
なんで空中で真っ二つになったか理由がわからないんですが・・・・(;´Д`)
プレイヤーおいてきぼりの展開に。(゚Д゚)ポカーン

哀れ飛行機は空中で真っ二つになりその動力を失って墜落するわけですが・・・・
なんと飛行機の前半分が世界一周旅行してきます。
画面左上から右下に消えたと思ったら、また左上に登場!


十分に世界回れるくらい元気じゃねえか。




とりあえず今日はここで中断します・・・・
まだプレイ時間一時間やってないのに、こんなに長くなってしまいましたので・・・(;´Д`)





第一話へ  レビュートップへ戻る  第三話へ