みなさんこんにちわ。さたどらです。
今週も懲りずにルナドンやっていきます。


今回第一の舞台は、ラントになります。
まず最初の目的として、ペロウの弟の面を拝みにこようと思いました。
「誰だそいつは」と言ってはいけない。ペロウは元は王族だったが……
……え?そもそもペロウが誰だか忘れたって?
まあ、9話にちょろっと出てきただけですしね……


おさらいがてらに、軽く書きましょう。
現在、ここラント王国はトニオという人物が国王をやってます。
このトニオは、かつては兄ブロスが王を務めていたのですが、策略を用いて兄を追放し、
王位の座についたという過去があります。
このブロスは、現在ペロウと名を変え、砂漠の隅っこでひっそり住んでいるのです。
トニオは小心者で、兄を追放してまで王位に就いたことを後悔しているらしいです。ペロウの妄想によると。


で、なんでそんな弟に用があるのかって?
ペロウから手紙を受け取っているからですよ。9割方ヒーローが原因なんですが。
なんで面倒臭いことをことごとく引っ張ってくるんだこいつは……
トニオがどうなろうと知ったこっちゃないですが、頼まれたものは一応渡さないと……ね。


但しここまでルナドンを見てこられた方なら既にお察しだと思いますが、
このゲーム、用がない(イベントが絡まないとき)ときは絶対城の中に入れません。
一応手紙は持ってはいるのですが、
門番は頭が堅いのか、ヒーローの説明の仕方が悪いのか、城の中に入れさせて貰えません。
となれば、別の切り口を探さないといけません。



はい、というわけでご紹介しましょう。
今回キーとなるのはこのお方です。どうぞ。






最初見たときフランケンシュタインかと思いました。

はいはい、どうせはいを押さないと進めないんでしょ(´・ω・`)
「はい」を選ばないと先に進めない仕様。本当にこれ、選択肢が存在する意味あるんですかね……


やることは簡単。この人相が悪い店主ことロックは、ラント王国王妃のパトラに貢ぎ物を贈りたいのだそうです。
まあつまりはこういうことなわけですが……



では、ここで新しい人名が出てきたので紹介しましょう。
パトラというのは、トニオ王の妻です。
ロック曰く、「美人だけど性格は滅茶苦茶悪い」だそうです。お前が言うか。
トニオはパトラにメロメロなせいか、全部パトラの言いなりなんだとか。


……となると、ペロウ追放もパトラが画策したものと考えた方がよさそうですね。
何故パトラがペロウを追放しなければいけなかったのか、という理由も考えました。
ロックはパトラ用の賄賂として、ダイヤの指輪をヒーローに手渡しました。
つまり、パトラは金に目がないということを意味します。
ロックもパトラの性格を「贅沢と浪費が三度の飯よりも好き」と分析しています。

ここから考えるに、パトラは「王妃になれば金が使いたい放題になる」というのが筆頭理由として適当だと思います。
この手のタイプは権力欲も旺盛でしょうし、そうなるとペロウが邪魔になります。
トニオを操ることなんか、息をすることよりも簡単ですし、ペロウさえいなくなれば、ラントは自分の思うがまま。
そんな筋書きだったのではないでしょうか。
事実、現在このラントはパトラに牛耳られていると言ってもいいですしね。


説明が長くなりましたが、とにかくラント城に入るきっかけは作りました。
報酬は500Gぽっちですが、まあ500だろうと数千だろうと端金には変わりないので大して気にしません。
後はタイミングを見計らってこの手紙を渡すだけです。
……とはいえ、ここまでの話を聞く限り、パトラは相当なやり手であることが予想されます。
上手くいくのでしょうか。






こいつが王妃パトラです。ルナドン基準で考えるなら確かに美人です。
が、台詞から威厳とか高尚さが全く感じられません。ああ、確かにこいつは性格悪そうだ……






否定できる要素がないのが悲しいところです。
まあヒーローはそもそも男じゃないんですがね……

っと、んなことはどうでもいい。仕事仕事。
早速ロックから預かったダイヤの指輪を手渡します。






その謎のポーズは何なんだ。


しっかし、なんでダイヤの指輪なんかで驚くんだろう……
確かにダイヤは相当に高額でパンピーが手出せるようなものじゃないのですが、
こいつは王妃。しかも金を湯水のように使っても、誰も止める人がいません。
なら、ダイヤの指輪程度など、こいつの権力でなんとでもなりそうな気がするんですよね……
ラント王国はよっぽど金がないのか、それともロックの用意した指輪が特別大きなダイヤがあしらわれているのか、どっちかでしょう。



すっかりパトラがメインになってますが、一応トニオも出てきますが……






(アカン)


王妃にメロメロで王としての威厳皆無。しかもハゲと来ました。
間違いなくこいつは無能だ……
そんなテンプレ通りの無能な王様作らなくても……



……と、ふと思いました。この世界にマトモな王なんかいたっけ……?




・デュナミス 
  オーラのないジジイ


・ジェロシーア  未登場


・レヌンシア  未登場


・カプリス
  無能1号


・アングスト
  無能2号


・ガナドール
  一応一番奥のやつ


・ラント
  無能3号



マトモな奴が誰一人いないじゃないか。


なんでこの大陸が一つにまとまれないのか、その原因がよーくわかった気がしました……



……何はともあれ、ダイヤの指輪を渡す目的は達成しました。
が、本来の目的である手紙は渡しそびれてしまいました。
だって、トニオマジで空気なんだもん。
この手紙を渡せるタイミング、訪れることがあるのでしょうか……


この件により、ロックはパトラとの面会が許されることになりました。
貢ぎ物(どう見ても賄賂ですが)のお礼みたいなものらしいのですが、
ロックは野心家なので、これを機に王室へ食い込むという野望を持っているのです。  
大臣の座を狙っているらしいのですが……まあその顛末は別の機会に。  



 


失敗フラグ乙としか言えませんが。


なんでウチはこいつの野心を延々と聞かされてるんだろう……



所変わってお次はジェロシーア。
今度はバンクォーの家に向かうことになります。

なんでそうなったのかと言いますと……






……ということです。
ここの闘技場だけやたらと難易度が高かった理由はそういうことなんでしょうか……


で、暗に「バンクォー邸に行ってくれ」と言われた気がしたので、
仕方なくこうして来てやってるわけです。






まあ、厄介事に色々首突っ込みましたしね……
大体はフェステイエスマンであるこいつ自身のせいなんですが。
頼むからNoと言える人になってくれ……


ちなみに現在、ヒーローのスキル値は193です。
まあそりゃ人が変わったと言われてもおかしくはないでしょうね……
初めてここ来たときは20かそこらでしたし。




▲イメージ図


え、こんなけのイベントで終わりなのかって?
はっはっは、この作品を何だと思っているのですか。
勿論先はありますよ。






勿論そんな話は聞いたこともありません。

勇者ってなに?おいしいの?
あと設定が突然空から降ってくるのマジやめれ。

ここから「勇者を目指すのなら頑張ってくれ。そのためにはこれこれこういうイベントをこなせばいいぞ」
みたいな展開になってくれればまだよかったのですが……




         |
     \  __  /
     _ (m) _ピコーン
        |ミ|
      /  `´  \

        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/ 
    !゙    (__人_)  |
    |     |┬{   |   < 余計なこと閃いた!
   \    `ー'  /
    /       |
     バンクォー




……閃いちゃったものは仕方ありません。
素直に聞き入れてあげましょう。どうせ拒否権なんかないんでしょうし。






ダンカン……もう名前からして無能臭がビンビンだわ……
部下をイジメ殺したりとかいう前科がありそうな名前ですね……
正直気は進みませんが、仕方ないですね……


バンクォーが準備しにどっか行った後、ベスと二人きりになります。
なんでバンクォーが、ただの1村娘であるヒーローにここまで肩入れするのかという理由を聞かされるわけなんですが……

















……ベスさん、貴方今、すげえ重大なことをポロリしませんでしたか?


……というわけで、これが答えです。


  A:ヒーローはバンクォーとベスの娘だから


わーすごーい。ひーろーちゃんって、ゆうしゃのむすめさんだったんだねー(棒読み






あくまでバンクォーは、死んだ息子に似ているという風にしか見てないそうなのですが、
ベスの方はしっかり「ヒーローが男装をしている女性」であると看破しておりました。


……ちょっと待て。
あくまでバンクォーは息子と面影を重ねてると言ってましたが、別にヒーローは最初から男として育てられたわけじゃないんですよね?
となると、このフリーアンスって誰のことなんだ……?
疑問はいくつか湧いてきます。


  @ ヒーローは何時バンクォーと離別したのか  (ベスが気付くくらいだから幼少期ではないはず。7年以内くらいでしょうか。)

  A ヒーローは何故親の顔の記憶がないのか  (ここまでの伏線は当然なし

  B フリーアンスって誰?  (ヒーローの本名?にしては息子とか言っちゃってるし)


もしかしたらヒーローの兄か弟の名前なのかもしれません。
そうなると、この説の整合性を取るために色々必要な前提設定が生まれてくるわけなんですが……
何を考えても今のところは全て憶測でしかないため、一旦保留とします。
ルナドンが終わるまでに解ける謎なんでしょうかね……






うーん、バンクォーには内緒にするという理由もよくわからんなあ……
実娘だと知ると、色々まずいことでもあるんでしょうか……
まあいいや。こいつらの考えることはよーわからん。



この後、ダンカン王と面会が行われたわけなんですが……






ああ、こいつも無能そうだ……
かぼちゃパンツ装備な上に、子供の如く足を常時バタバタさせているこの王……
……こんなのでもジェロシーアは軍事大国なんだそうです。
ああ、こんな奴のために働かされている兵士達も大変だな……


バンクォーは「将来の勇者」ということで、ダンカンに紹介したのですが、
かたやダンカンはそっけない返答。
ヒーローに勇者としての威厳が何一つ備わってないというのも理由なんですが、
それ以上にダンカンは「勇者」という存在を大して重く見ていないというのがあります。






……まあ、確かにこいつの言うことも一理はあるんですけどね。
この台詞に説得力があるかどうかは、ダンカン自身の統治能力次第です。
ダメそうな風貌に見えて実は有能だったとしたら、ダンカンの言うことに納得出来ます。
バンクォーは戦士としては優秀ですが、政治の駆け引きとかは苦手そうですからね。


逆にこいつ自身が無能だった場合は……何の説得力もありませんね(^ω^;)
この国が現在それなりの形でまとまってるのは、ダンカンのおかげなのか、バンクォーのおかげなのか……
……手持ちの材料では判断する術がありません。これも結論は後回しにしておきましょう。
どっちにしても、ヒーローからしたらいい迷惑なんですが。






次回は勇者になるためのイベントをこなしていきたいと思います。







     - 続く -