-----------------------------------------------------
<前回までのあらすじ>

ふとしたことでDQ3の世界に迷い込んでしまった勇者(?)さたどらとその仲間たち。
本来の力が発揮出来ない中、少しずつ力を取り戻しつつある一行。
今回4人が挑むのは、海の中に沈みし秘宝を求め、大海原へ旅立つ。
はたして彼ら4人は、大魔王バラモスを打倒できるのか!
-----------------------------------------------------



みーちゃん、大丈夫なのですか?
……ん、大丈夫……
うっし、澪さんも復活したことだし、コショウの約束通り船も手に入ったし、
次どうするか方針を決めたいと思う。
そうね、とりあえず船はゲット出来たけど、どうするかまでは決めてなかったし。
じゃあさたぴー。あたしから一つ提案があるのですよー
お?なんかあるの?
バハラタの北には、ダーマの神殿という所があると聞いたのですよ。
ダーマの神殿……



 ※さたどらイメージ


\ ⊂[J( 'ー`)し
  \/ (⌒マ´
  (⌒ヽrヘJつ
    > _)、
    し' \_) ヽヾ\
          丶_n.__
        https://www.hellowork.go.jp/
              ̄   (⌒
            ⌒Y⌒



違うでしょ。
……転職が出来る場所ね……
勿論今はまだ利用するわけじゃないのですが、
目的はそれより北にある塔なのですよ。

ほう?
ダーマより北に、「ガルナの塔」という建物がありまして、
そこには「さとりの書」が眠ってると聞いてるのですよ。

さとりの書……



 ※さ(ry
            ○         )、__         /
               ,. ''"´ ̄ ̄    `ヽ.       |.   く  口 ち ち
      o .     ,. '´, '"´ ̄ ̄ ̄` 7⌒)、.___     |   れ に  ゃ ゃ
           <., / ./   ,    ,ハ |____)、`ヽ.  .|  な. 出 ん :
        _  /  ./ _|_ ./|  /‐|-|     ハ   |  |  い. し  と :
     , '"´   `7   | ´/| /  |/ァテ‐'rく |  |  |   <  と  て
    ./      ,|    ! ,r‐テr   弋_ソ ソ ,ハ 八 ./  ヽ、,______
    |      ノ !  ∨弋_ノ  .   //∠,.イ  |   \
    '、 __  ./⌒ソ  | ,ハ///       / | /   r-、)
    , '´  `ヽ ∠..,,_ノ  人     `   イ ,ハ    /       ____
    !. <()>|     `ヽ/ |ノこ7ァ‐r< /、/__|/|/ 、     /
   ,へ.,__ノ、       r'>'"´ ̄`| /    /`ヽ┐ヽ.   /  .あ   伝
   .|      \    ,ハ_| ll    ,|/      /`7  | ._|   り  わ
: :  '、       ` ̄ 7 .|_|_ / ̄`ヽ.   /   | ∧ / \   .ま  ら
:: : :  \          ,! |/ イ   r、ン `ヽ  /r' ∨    |    す  な
::: :: : : :   ` ー----‐‐ァ' ./ /\_.ノ´7、   |`7/  |     |    よ  い
:::::::: ::: :: : :      / ./|/  /ヽ‐'|/ゝ-、/ |\  .!、  .|   :  .事
::::::::::: ::: :: : : :    ,|./   \  _,,..イ()\ Y  /   ヽ-' ハ.   !    :   も
:::::::::::::: ::: :: : : :  |'        ̄ /.}l{  `|_/    |  /   '、_



だから違うって言ってるでしょ。
そのアイテムを使って、将来みーちゃんを賢者にすることができるのですよー
1冊だけ?ねこちゃんはどうするの?
残念ながら、あたしはみーちゃん程賢くはないので、賢者は無理なのですよー……
んー。まあねこちゃんがそういうのならいっか。
ま、方針が決まったのならいきましょ。
そやね。




  〜 ダーマの神殿 〜


ほほー、ここがダーマの神殿か。
ハローワークみたいなのを想像してたんだが随分違うな。
あんたは神殿をなんと思ってるのよ……
ま、とりあえず今は転職しなくてもいいとのことやし、話だけ伺ってみるか。
随分転職希望の人がいるのね。
そりゃ転職希望じゃなかったら、こんな山奥まで来ないのですよー
そういうこったね。
あそこのお爺さんも転職希望みたいなのですよー
何になる気なんだ?あの年で。






なれるかボケ。

流石のダーマでも若返りはできないと思うのですよー
この世界、なんでか知らんが魔法使い(男)は爺さんばっかだけどな……



  〜ガルナの塔〜


ここの頂上にいけばええんやな?
おそらくはね。
うっし、じゃあ敵をなぎ倒しながらてっぺん目指すぞー
おー!
…………



て、てっぺんまで探したけどなんもあーせんで……
ったく、何なのよこのやけにかったいスライムは……
ねこちゃん!何か思い出してくれええええ!!
ぎにゃあああああ!!揺らしても思い出せないものは思い出せないのですよー!!
…………
? 澪姉どうしたの?
(スッ)……ちょっと待って……
ちょっと!どこへ行くのよ!


……宝箱見つけた……
なぬ?!どこにそんなのがあった?
(下の方を指指しながら)
こ、この下と申す……?
流石にちょっと高くないかしら……
高いところ…頭…お尻……うっ、頭が……
悪 か っ た わ ね 。
……仕方ないわね……一人ずつ降ろすわ……
よろしく頼むー



なるほど、これがその宝箱か。開けてみよう。






これがさとりんの同人誌……
(無視)はい澪姉。保管よろしく。
(無視)……了承……
(無視)じゃ、脱出するのですよー!
ああ!放置プレイなんて殺生な!


さて、次の方針はどうしよう(´・ω・`)
……じゃ、私から一つ……
澪姉何かあるの?
……海に眠る秘宝を取りたい……
秘宝?
……その秘密、エジンベアにあり……
ちょっと待って。エジンベアって、エルフの里の近くにあった岬から見えた島にある城よね?
どうしたん?何か問題でも?
やー、ちょっと前にねここが買ったという観光ガイドブックとやらを見せて貰ったんだけど、
エジンベアって凄く他国民を見下す土地らしいわよ。
だから、エジンベア出身の人じゃないと城に入らせてくれないらしいの。

オルテガの威光使ってもダメなん?
島国だから噂が届いていないんじゃないかしら。
それに、下手にその事が知れ渡ると、かえって警戒されるのですよ。
んー……じゃあどうしたらいいだろうか。
(ぱらぱら)……ん、面白い事見つけた……
何か手がかりになるようなものでもあった?
(ぱたん)……さた様……ランシールに行くわよ……
ら、ランシール……?
バハラタの南にある小さな島なのですよ。
ふむ、ならば澪さんを信じてランシールに向かおう。
じゃあ船を出すわよ。





ここがランシールか。
おえ……酔った……
末莉ちゃんは三半規管の鍛え方が足りないのですよー
な、なんであんたは無事なのよ……
FPSや3Dアクションで鍛えたこの三半規管、伊達じゃないのですよー(ドヤァ
それは自慢できる事なのか……?


さて、澪さん。そろそろ教えてくれてもいいんじゃないか?
そうよ。エジンベア潜入の切り札って何なの。
……そこの道具屋……
道具屋?






……なるほど。
なるほど。わからん。
(ずるっ)
この草を使って透明になり、その間に潜入する、ということなのですよ。
……その通り……
なるほど、この草があればあんなことやそんなことが……
1回分しか買わないからね。
(´・ω・`)



  〜 エジンベア 〜


ここがエジンベアか……
うわ、如何にも頭固そうな門番ね……






ああ、これが村八分というやつか。
ちょっと違うんじゃないの……?
さたぴー、正攻法は無理なのですよ。
うし、じゃあそこの影でこの消え去り草を使おう。
……マズイ。
もう一杯?
要らないわよ。






うっし!潜入成功!
でも、消え去り草の効果は消えてしまったのですよー……
見たところ、あたしたちを速攻で追い出そうともしてないし、
余計なことしなければ大丈夫なんじゃないかしら。

じゃあつまみ出される前に、情報集めしておくか。



    


(ニヨニヨ)
このお兄さんのおかげで確信したわ。この城にそのツボがあるわね。
となれば、目立つ所には置いてないと思うのですよ。
……あそこの階段……怪しい……
うっし、見てみよう。






………………
うん、わからん。
諦めるの早すぎでしょ。
……なるほど……
……わかったのですよ!
は、早い……
流石は叡智の魔法使いと凄腕廃人ゲーマーね……
ま、またディスられたのですよー!
(無視)……あの岩をまず真っ直ぐに押して……
お、重そう……






お、重かった……
あんた何もしてないでしょうが。
非力なんだから仕方ないやろ!
さたぴー!ツボをゲットしたのですよー!
……魔力を感じるわ……
多分これが、海の水をも吸引するツボなのですよ。
後はその浅瀬が何処にあるかだなー
……大丈夫……目処は付けてある……
ぬ、抜かりないわね……
(地図を指刺して)……ここが怪しい……
ぽつんとしてるし、行ってみる価値はあるのですよ。
よし、頭脳労働はねこちゃんと澪さんに任せて、まつりんウチらは肉体労働に専念すっぞー
動いてるのあたしだけなんだけど。






ここがその浅瀬か。
早速そのツボを使おう。
使うって、どうやるのよ。
海に向かって投げ込めばいいんとちゃう?
なんつー適当な……






おー!出た出た!
流石ウチの冴え渡るカンやな。
カンかよ。
外れたらどうするつもりだったのよ……
……私が止める……大丈夫……
中にはいってみよー


この宝箱がその秘宝とやらか?
澪姉、どう?
……邪悪な気は感じない……
さたどら!オープンよ!
よっしゃあ!  






おお、これが最後の鍵……
これで更衣室も潜入し放題?
(無視)澪姉、預かっておいて。
(無視)……ん……
(無視)それじゃ撤退するのですよー!
だから放置プレイはやめてくれえええええええええええ!!!







     - 続く -