みなさんこんにちわ。さたどらです。
突如ワープしてもなんともないRPGクロスハンター、今日も始めていきます。


前回は、赤い毒水の原因元を絶ったところまででした。






原因元を絶っただけで、今まで流れてきた水も全て綺麗になるという摩訶不思議。
前回の終わりで書いたことではあるんですが、ゲーム画面としてみると、
また違った感じ方になりますなあ……







  イ`ヘ
 /: :| ヽ
/ : :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :|
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
. \ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |




あ、あれで被害0と言っちゃうんですか……?
外の畑の農家、この水を使っていたようなそうでないような……
毒が川に流れてもなんともない世界、恐ろしいですね。


さて、次のミッションはこれです。






トレジャーハンターの町(直球)

その野菜って、もしかして先の毒水吸ってませんよね……?


トレジャーハンターVerの主人公・テリーロープの出身地がそこに該当するのであれば、
ラタシティという町がそれに該当するかと思われます。
何処にあるのかは突き止められませんでしたが。


っと、ミッションの内容を全部聞いてませんでしたね。
どうやらこのおっちゃん、トレジャーハンターの町に野菜を届けたいのだそうです。
ただ、その町に行くには山を越えなければならず、
その山は魔物が通せんぼしているとのことです。


賢明な読者の皆様なら、真っ先に「今回も地理が変じゃないだろうな?」とお思いになられたかと思います。
では、早速見てみましょう。今回の目的地・ズラ山の位置はここだぁ!!!






今回は割りと近いですね……
しかし平地のど真ん中に氷山がドカッとあるのはどうなんでしょうか。
この山こそ、北部の寒冷地域に配置すべきだったじゃないでしょうか。


そして筆者が思った最大のツッコミ点。






氷山登るくらいなら海路使えよ。



仕方ない、ここは「某かの事情で海路は一切使えず、氷山を通る以外に道はない」と考えましょう。
こんなクソ不便なところによく町を作ろうと思ったものですが……



出発前に、軽く装備整えタイム。
すっかり4話にして完全お荷物になってしまったシローですが、
彼は武器が装備出来るんです。これで能力値差をある程度補えることでしょう!
レッツ・ラインナップ鑑賞






そこそこ攻撃力が上がるので、一応買う価値があるのはいいのですが、
必殺技を使った後でいちいち「こぶしがあちーぜ」と呟く通り、こいつは格闘で戦うキャラのはずです。
なのにアイアンソードって……






やっぱりパンチで殴るキャラですね。
本家本元に比べてスピード感が全く感じられませんが。


まあそれはともかく、このアイアンソードによって、シローの攻撃力は68に上昇。
ハムムーンとの攻撃力差を9とし、足手まといにならない程度の戦力にはなりました。






ズラ山の内部になります。
自然の山のはずなのに人工的な建造物にしか見えないのはウチの目の錯覚でしょうか。
とりあえずブロック敷き詰めておけば良いみたいな作り方やめーや。
5年も前に発売したモノクロの初代ポケモンにも表現力で負けてるやないか。


今回もぽつぽつ敵キャラを紹介していきます。
あ、今回は3匹目にタトルオーを連れてきてます。
1話毎に3枠目のモンスターは変えていこうかなーと。






ビッグヘッドというモンスターです。
直接攻撃はそれほどでもないですが、特技による攻撃がチクチク来てたイメージがあります。






右の敵がローブを着たドムにしか見えないんですが。






あまり死神っぽさはないですが、他作品の何かに似てないだけマトモなキャラデザと言えなくもないです。






真っ先にメガテンのジャックフロストを思い出しました。
しかしこいつどうやって動いているんだ……?
空を飛ぶモンスターなのかもしれません。






ドラゴンという名のキメラ……
しかしこのゲーム、ドラゴン好きやな。






?!?!


た、宝箱があっただと……(わなわな)
4つめのダンジョンにして初めての宝箱発見。スタッフが作るのを忘れていたものだと思ってました。
中身は何だ。武器か防具か消費アイテムか。






消費アイテムですらありませんでした。つかえねえ……
で、これはどんなアイテムなのかといいますと、とあるペットを仲間にするためのキーアイテムです。
このフロアを北に歩いて行くと、別フロアに続く穴がありまして、  
その先に家が建っております。ここにそのペットが住んでおります。  



 


イラッ  


……こいつはペンペンといって、ペンギン型のペットです。  
能力的にはそこそこ。ハムムーン?あいつと比べたら他のペットが可哀想ですよ。 で、こいつを仲間にするのに、このペンペン草がいるというわけです。
ペンギンの分際でナズナが大好物とか変わってるな。






主人公に付いていくとペンペン草が沢山見つけられそうという理由で、仲間になることになりました。
物で釣って仲間にしていくパターン、桃太郎を参考に作ったのでしょうか。
まあ、ペットからしたら大魔王なんてどうでもいいというのが本音なんでしょうけど……



山頂に行くと、ボスの登場になります。
今回のボスは、「ビッグマウス」という名前です。






このように謎の自己評価の高さが売りのモンスターとなっております。
自分で言うか……?
まあこいつ、魔王の命令でここに配置されたんですが、
その魔王からの命令が「道を通せんぼしろ」……
子供向けの番組やゲームだと、悪の組織の幹部は回りくどい手法で主人公を追い詰めていく手法がよく取られますが、
これに関しては、やらせる意味がよくわかりません……
しかもシローを待っていたわけじゃないので、ますます意味がわかりません。
あまりに無能だったから左遷されたとしか……


まあ、この手の三下モンスターは弱いのが定番。
とっととボコって、農家のために道を開けましょう。
















┃┌┬┐            ┃ ┏  N E X T  ┓
┃├┼┤┌┐        ┃ ┃  , =、   ,=\  ┃
┃└┴┘├┤┌┬┬┬┨ ┃ く._・_) 〈く_・)ノ. ┃
┃┌┐┌┼┤├┼┴┴┨ ┃   -' (c、,ィ) ー . 〉┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┬┐┃ ┃\   ,.へへ、イ .┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃ ┃  、∠ィ'lエlュレ'/ ..┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃ ┗━━━━━━━┛
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : :
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::  ←筆者
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛







HPを回復していなかったのは筆者のミスですが、
それ以前に被ダメでかすぎませんかね。
最大HPが70あるかどうかなのに50点って……


少し真面目に考えましょう。
現段階でシローのDEFが55。ここから、ビッグマウスのATTが105と推測されます。
事故防止のために、2回耐えることが出来ればまず負けはしません。
現在シローの最大HPが77なので、1回当たりのダメージを35〜37くらいに下げておきたいです。
となると、ダメージをあと15点軽減する必要が出てくるので……






多少出費がかさみますが、レザーアーマーを購入することにしました。
しかし一つ上の防具がなんか気になります。ライダースーツって。

真っ先に思い浮かんだのがバイク用スーツですが、この世界にバイクが存在しなさそうというか、
そもそも12歳がバイクに乗るなという話ですが。
じゃあ仮面ライダーの方か?
うーん……仮面ライダーの変身グッズを身に纏い、モンスターと戦う少年……
ウチがモンスターだったら出会った瞬間、即逃走する自信があります。
流石に痛すぎて引きますわ。


と、とにかくこれでダメージを10点軽減出来るので、
後はもう1レベル上げれば、HPが85程度、被ダメ35前後になる予定なので、2発耐えれるはずです。






というわけで、Lvを上げました。うむ、予想通り。
DEFが70なので、推定被ダメは35点。






ほぼ計算通りになりました(*´ω`*)
後はHPが40以下になったら回復、そうでないときは攻撃アイテム投げておけばおkです。






うむ、最期に自分の欠点がはっきりわかって良かったな。
魔王はビッグマウスの能力を熟知した上で、この配置にしたのでしょうね。
……やっぱり左遷だったんじゃ。


これでミッションは達成。農家は喜んで野菜をトレジャーハンターの町へ運んでいくのでした。



■ おまけ ハムムーン先生の能力値




シローと比較してやるなよ!絶対だぞ!!







     - 続く -