みなさんこんにちわ。さたどらです。
パクリRPGクロスハンター、今日も始めていきます。


前回は、モンスター博士の所に到着したところまででした。
山の山頂からいきなりワープした気もしましたが、きっと幻覚でしょう。






本作はこのように、看板が立っているのをよく見かけますが、実は看板を読むことはできません。
看板の前でAボタンを押しても何も起こりません。
説明書を見ても、「Aボタン 人と会話する」としか書いておらず、看板に対する説明は一切ありません。
つまり、何かありそうと思わせておいて実はタダの背景でしたというオチでしたとさ。


さて、モンスター博士についてですが、






怪しい機械をいくつも揃えるマッドサイエンティスト感があります。
この人は何をしているのか、ちょろっと説明しましょう。






シローの後ろに付いてきているモンスターを見ると、こんな台詞を言い始めます。
ハムムーンってそんな大層な奴だったのかという以前に、こいつはいつからクロスハンターになったんだよ。
そもそもクロスハンターって何?職業なの?それとも称号?
例によって、なんにも考えていないんでしょうけど。


このペットについてですが、モンスター博士が少し教えてくれます。
ペットはその昔、「特技」という特殊な力を使うことが出来たのだそうですが、
何時しかその技能も消えてしまったとのこと。
しかし、このモンスター博士は目の付け所がシャープで、
魔王軍のモンスターは普通に特技を使うため、この特技をペットにも使えるようにできないかと注目した結果、
モンスターをシールに閉じ込め、後ろの機械を使って、モンスターの特技をペットに覚えさせることが出来るようになったのです。
これを使って、ペットの能力にある程度の拡張性を持たせているみたいです。


具体的にはどうなるかを説明しますと、例えばとある敵は、「相手を眠らせる技」と「水属性の技」を使ってきます。
まずこの敵をシールに閉じ込めるのが目的になりますが、そのままでは捕まりません。
パクリ元の一つであるポケモンのように、相手のHPを一定ラインまで減らすのです。
そうしたら、シールを使って弱ったモンスターを閉じ込めます。
このシールをモンスター博士の所に持っていき、ハムムーンと合体させると、
ハムムーンが眠らせる技と水属性の技を使えるようになるのです。

注意点はいくつかありまして……

  ●モンスターボールシールは消耗品。捕まえるのに失敗しても消費する。
  ●プレイヤーのレベルが上がると、スーパーボール性能のいいシールを買うことができるようになる。
  ●シールに閉じ込めることが出来るのは20匹まで。


あとここに記載されてはいませんが、ペット1匹に対してシールで覚えさせることが出来る技は、おそらくシール1枚分で、
Aというモンスターの特技を持ってるときに、Bのモンスターの特技を覚えさせようとした場合、
Aの特技は使えなくなってしまう可能性が非常に高いと見ます。
まあ使えなくなったとしても、どうせペットの行動は完全オートですし、あまり支障が無いと言えます。
あえていうなら、回復系はどちらかに持たせておきたい感はありますけどね。


モンスター博士の説明、以上!
次のミッションを探しにいくため、モンスター博士の住む「モンスターパーク」を後にします。






?!?!?!


ちょっと待て……少し場面を巻き戻して…………


















         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは島のはじっこにある山を登っていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか島中央のモンスターパークにワープしていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    テレポーテーションだとかどこでもドアだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…












このゲームの地理関係はガバガバだと第1話の時点から思ってましたが、
まさかここまで崩壊してるとは思いませんでした。
どうなってるんだこの世界は……




……もういい。次なるミッションを探しに、町を彷徨くことにします。





というわけで、次のミッションは「赤く染まった水の正体を突き止める」に決まりました。
完全にお使いイベントですが、退屈なお使いゲーならアーク3で鍛えたので問題ありません。


どうもこの赤い水は、ガンテツ家だけでなく、町全体がそうであるようです。
農業をやってる人も赤い水にビビってましたが、その赤い水を使ってはいないだろうなあ……?
とりあえず町全体がダメなら、水源に問題がある可能性が高いと見ます。
水源を調べるのが一番手っ取り早いので、そちらの方に足を向けてみようと思います。














              ,. ‐'' ̄ "' -、   ,. ‐'' ̄ "'' -、
             /        ヽ/          ヽ
                l          l             l
            l         l          l
         ,. ‐'' ̄ "'' 、    ,,. --‐┴─-- 、     / ̄ "'' -、
       /      ,.-‐''"´           \ _/        ヽ
      l       /                   ヽ          l
       l     /  ●                l          l
      ヽ    l       (_人__ノ         ● ヽ         /  そんな事言われても
       ,,>-‐|   ´´     |   /       , , ,. ‐'' ̄ "' -、/      ウチ ポン・デ・ライオンやし
      /    l        ヽ_/           /          ゙ヽ
     l     ` 、               l            l
      l       ,. ‐'' ̄ "' -、   ,. ‐'' ̄ "'' -、            l
       l,     /         ヽ /        ヽ,         /
       ヽ、,,  l            l          l,,,___,,,/
         "'''l            l             l
              ヽ          /ヽ        /
             ヽ,___,,,/  ヽ,,___,,,/
                   /     |
                /       |                (※筆者は考えるのをやめたようです)











ふう、どうやら気を失っていたようでした。
気を失う前に何が起こったのか何も思い出せませんが、気を取り直して水源の攻略に行きましょうかね。



まず最初にダメージ計算式の検証についてですが、結果取れました!
どうやらアルテリオス計算式でほぼ間違いありません。



■ CASE1 Lv4のシロー(防御点2の防具装備)





■ CASE2 Lv4のシロー(防具なし)





■ CASE3 Lv4→5のシロー(防御点+7・防具なし)




以上から、「防御点1につき、ダメージ減少が1点である」ということがわかりました。
アルテリオス計算式はただでさえ調整が難しいのに、
1レベルで10点もステータスが動く本作でどうやってバランスを取るつもりだったのか。
例え11点被ダメを貰う強敵相手でも、レベルが1さえ上がれば被ダメは1になります。
特技だのなんだの色々説明を受けましたが、そんなのを考える事が馬鹿らしくなってくる素晴らしいゲームバランスですね。



ゲームバランスが大味なら、新規で仲間になるペット達もまた大味です。



  

「井の中の蛙、大海を知らず」を理由に、シローに付いてくることを決意したペットです。
なんだろう、これでもまだマトモな理由に見えてしまう。
脳味噌が毒されてきてるんでしょうか・






「肩こりを治す為の運動」目的で付いてくることを決意したペットです……
カメの分際で肩こりもクソもあるのか。

微妙にカメールに似てる気もしますが、よく考えなくてもポケモンとDQのパクリゲーなんでしたコレ。



2匹ともLvは7です。どちらも攻撃力60超えでなかなか強そうに見えますよね。
それでは我々のハムムーン様(Lv7)のステータスをご覧下さいませ。






この段階になると、水源に出てくる敵は全てワンパンでKO出来ます。
なんやこいつ……


ああ、あとついでにツキワグー(Lv8)と主人公(Lv7)のステータスを載せておきますね。



   






水源のてっぺんまでいくと、水が赤かった原因が発覚します。






こいつはポイズンドラゴンと言いまして、水が赤かったのは、こいつ自身の生み出す毒を水に混ぜていたからなんだそうです。
周りの水が全然赤くないので、危機感も説得力も0ですが。
これが原因と言い張るんだったら、せめて背景の水ぐらい色変えろよいくら手抜きでもそれくらいできるだろ('A`)






HPはおよそ300。ハムムーンのLvが7あるなら、3ターンで倒せるでしょう。
ハムムーンかツキワグー、どちらかのレベルが1低いとそれだけで4ターンになるので、ちょっと面倒臭いです。
何が面倒臭いかって、主人公の軟弱っぷりがだよ。
HPも防御点もペット以下なのに、一番直接攻撃が来るのこいつなんだもん('A`)






こいつも魔王ザガンの手下のようでした。
毒攻めとはなかなかえぐいことをしてきましたが、これで発生源は抑えました。
なお既に流れた毒をどうやって抜いたのかは不明です。









▲元凶を倒しただけで病気がなかったことになるゲーム







     - 続く -