みなさんこんにちわ。ゲーム内時間ではスタートから3年が経過、さたどらです。
スタート時は14歳だったシャーリィも、今では17歳。
最終的にシャーリィ(30)とかになってたら嫌だなあ。


さて、前回は遺失魔法を一個持ち帰ってきたところまででした。
せっかくの遺失魔法なのに、まさかノータッチだとは思わなんだ……
こんなけ貴重なものなら、魔術士ギルドとかどっかに保管されると思うのですが……
この世界の価値観がイマイチ良くわかりません。


そんなこんなで、前回より1年が経過。前述の通り、シャーリィは既に17歳です。
ロマールも20歳を超えました。
流石に脳筋バリバリで永遠の厨二病のロマールさんでも、流石に20超えれば落ち着くでしょう。






と思ってたけど、特にそんなことはなかった。
三つ子の魂も百まで。この人ずっとこんな感じなんでしょうね。'`,、(´∀`) '`,、


では、どうしてこうなったのかを、かいつまんで説明いたしまする。
シャーリィは1年間、再び魔法学校で全く経験値の入らないつまらない生活を送っていたのですが、
そんなある日のこと。ロットから一通の手紙を受け取ったのです。
彼はあの後、トゥーインという所の修道院長に就任したのだそうです。
手紙の内容は劇中では特に語らず、「ロットを訪ねてトゥーインへ向かうことにした」とだけ記述されております。
つまり、細かい話はトゥーインについてから、ということなのでしょうか。


そんなわけで海を越え、トゥーインに到着したのですが、
その時1人の男性が3人の兵士に追われていたのを、目にしたのです。
ここで厨二病が再び発症したロマールさん、
「その男が何をしたのか知らないが、3人がかりとは卑怯な!」という理由だけで2者の間に割って入ります。。
もうこの手のトラブルも、シャーリィは慣れっこでしょうなあ。

兵士は「俺達はバローネ様の護衛隊だぞ!そいつは容疑者だ!」と言いますが、何の容疑かは語ってくれません。
その後ロマールが兵士に向かって叫んだのが、上の画像の台詞なのでした。
ここは兵士がずこずご引いていきますが、男の方は重傷。
すぐに死ぬというわけではないですが、放置しておくと危険でしょう。
シャーリィの「ロットさんのところに行きましょう」という提言の元、男を担ぎながら2人は修道院へ向かいます。






ふう、これでとりあえず安心かな……?








と思ったけど、特にそんなことはなかった。

なんやこの街……


ロットがシャーリィ達を呼んだ理由がコレなのです。
ロットは表向きは一応功績を認められて、故前修道院長の代わりに赴任してきたことになってるのですが、
パルの鏡(ロットはパル教という名前の宗教の僧侶)の神託に従い、
トゥーインで行われている重大な何か、を探りに来たというのです。
どうも前修道院長は殺害されたという話らしく、ロットも監視されっぱで動けない。
それ故に、信頼の置ける実力者ということで、この二人を呼んだという訳なのです。

この直後、上の画像にあった男の死亡報告をロットから聞いたのですが、
おそらくさっきの僧侶に殺害されたのでしょうなあ……
ロットの分析によると、この街の実力者・バローネが一枚噛んでる可能性が非常に高く、
僧侶の中にもバローネのスパイやら、何某かで買収されたような修道士がいるとのことなのです。
うほー、おっかねえ……


というわけで、まずは情報収集!
ロットはうっかり情報収集しようものなら、プスッとやられてしまいますからね。
どんな情報でもいいのでおくれーと、酒場に詰めかけた結果、以下の情報が手に入りました。


  ・バローネは数年前にトゥーインに来て、金の力で護衛隊を編成した
  ・修道院の鐘楼に入っていく幽霊の行列を見た
  ・毎晩その鐘楼が鳴り響くらしい
  ・ガーシュインは腕の良い土木技師だった



ふむ、こんなところでしょうか。十分でしょう。
これをロットに報告して戻ると、「鐘楼には何かがある。張り込んでみてはどうだろう」という提案が。
まあ、こんなけ材料が揃っていたら、鐘楼が怪しいのは明らかですからね……
アイテムをチェックした上で、宿屋にごろん。

あ、そういえば今回から、シャーリィのオプション装備をスマッシュリングから、防御点を上げるヒュードロウに変えました。
今回は行方不明になったミマスがいない故に、回復魔法使える人が少ないですからね。
あまり無茶できません。


夜になりました。2人は鐘楼の前で張り込み開始です。
待つこと数時間……






変な集団がぞろぞろ入っていきました。なんだああれ……?
あれが「幽霊の行列」という奴なのでしょうか。幽霊には見えませんが。
そしてその直後、ゴーンゴーンと鐘楼が鳴り響きます。
この音を聞きつけてやってきたロットと合流。3人で鐘楼に飛び込むことに。


……飛び込んだまではよかったのですが、なんだここ!敵が強い!
ここらへんになると、敵の火力も上がってきます。魔法攻撃も結構使ってきます。






魔法抵抗力の低いロマールさんにとっては、ただのチルでも結構辛いです。
シャーリィやロットは食らっても十数点なんですけどね……

もうこのレベル帯になってくると、前衛と後衛の能力値差が顕著になってきてるため、
シャーリィやロットを前に押し出すのはかなり厳しいです。
敵の攻撃力が低いときや、多少の被弾を覚悟で押し出すということはありますが、
基本はロマール1トップで攻めます。その方がパーティ全体の消耗が少ないからです。

また、「リカヴァ」の効果が「最大HPの50%回復」ということを最近理解(但し味方限定。敵が使うときは回復量が少なめに感じる)したので、
ますます安心してロマールを前に出せるようになりました。
ロマールは最大HPが高いため、リカヴァによる回復力も大きいからです。


1戦闘毎にリカヴァを1〜2回使うようなきつい戦いが続きますが、
なんとか鐘楼のてっぺんへ。
しかしそこには誰もいなく、代わりにぺろんとロープが垂れ下がっておりました。
わかりやすいですねえこの人達……
勿論3人もロープを伝って下に降りていきます。

ここでロープを降りるとき、ロマールがシャーリィのスカートの中をうっかり見てしまうと言う
ロープを降りるときにありがちなラッキースケベなイベントが、残念ながらありません。
や、このゲーム基本的にシリアスで、ギャグとかそういうのは一切ないですからね……






降りたら、こんなものが広がってました。ヒエ〜ッ
こんなところで一体何をしようとしてるんでしょうかねえ……?
こんなものの上に作られたこの街。
それを考えると、この街自体が最初から呪われた存在だったのかもしれませんねえ……






向こう側もいざというときに侵入者対策として、伏兵を用意してました。
それだけ、向こうからすれば邪魔されたくない、壮大な計画なのでしょう。
……となれば、こっちとしては絶対に潰さないといけないわけですね。

多少手傷は負いましたが、伏兵をあっさり追い払い、追撃再開。
再び伏兵が出ますが、これまた追い払い、ついに最深部へ!






エロイムエッサーイム


何を召喚しようとしてるんですかねえ……?
怪しい修道士に加え、怪しい権力者バローネさんもいるものだから、こりゃボコっちゃうしかないよね!
向こうもやる気満々みたいですし。






これが敵の部隊になります。
魔法使いが全部で5人。早めに数を減らさないと、ロマールが倒れてしまう。
故にこちらは最初から遠慮無し。
ロマールが移動で時間かかるため、その間に後ろからシャーリィのムーンライトと、ロットのテンタクルで雑魚を攻撃!
ネクロマンサーのHPは約50。シャーリィが1回敵を仕留め損なうも、
3Tかけてネクロマンサーを殲滅完了。
その間ロマールはただ移動しただけで終わりました。

前衛が敵をボコれるようになるまで、数ターンかかるシステムってどうなのよ……
リアルちっくで面白さもあるんですけど、やっぱりテンポ考えるとなーという感じはしますえ。






ロマールが到着してからがこのPTの見せ所です。
HP回復はシャーリィとロットが可能なため、既に戦場コントロールはこっちが完全に奪ってることになります。
バローネはムーンライトを使ってくるなど、魔法火力こそそこそこ強力ですが、
ロマールの最大HPは135。40点程度のダメージでは、リカヴァの回復力を上回ることすらできません。
後はロマールが倒れない程度に回復魔法をかけ、時間をかけてバローネを少しずつ追い詰めていきます。

約5分の戦闘の末、バローネ撃墜!
HPが少ないのは魔法使いの宿命なりー(そんでもバローネのHPはロマールよりも高かったけど)
最期の言葉は「……あと少し……だったのに…………」でした。
何があと少しだったん?






〈 ´゚д゚`〉


なんちゅう恐ろしいものを解こうとしてたんや!
もしコレが破られてたら、地上は滅んでいたかもしれません。
シャーリィが魔術士になっていなければ……と考えると、恐ろしい話ですね。

何はともあれ、ベラニード族の大量放出を阻止することが出来ました。
そして、「オーラ」の巻物を戦利品としてゲット!「変容」系統の最上級魔法です。
なんでこいつがこんなレアなもの持ってたんやろ……
今すぐ使えるような代物ではありませんが、貴重な魔法故に大切にしたいと思います。


戦いの後は事後処理です。
ロットは一通りの処理を済ませたら、ネーリアに戻るそうです。
ベラニード族に関してを、ロットなりに調べてみるとのこと。
別の部隊がまたベラニード族復活を目論んでるかもしれませんしね……

シャーリィとロマールは一端セラスに帰国。
事の顛末をそれぞれ話にいくつもりです。
2人はロットの用意してくれた馬車に乗り込み、セラスへと戻ります。






……ふむ、どうやら今回の遠征はまだ終わってはいないようです。


奴隷船より逃げてきたというウルフェン族のバイセン。
そしてその船にはベラニード族が乗り込んでいたという情報を、彼より聞くことができました。
ロマールは「全ての奴隷を自由の身にする」という誓いを立て、
シャーリィもバイセンを助けることを決意し、馬車を再びトゥーリアの方へ返します……
次の行き先はロモスという名の街のようです。







     - 続く -