みなさんこんにちわ。前回に引き続き、孤島マラーナからお送りします、さたどらです。
act2はネタ捜しに結構苦労しますが、今回も神としての職務(主に落雷)を全うしたいと思います。


さて、前回は怪しげな寺院が出来たところまででした。
島の指導者も洗脳されて、自らの職務を放棄する始末。
本当なら、寺院を雷で破壊してしまいたいところですが、
中に島民が沢山いるので、仕方なく正面から乗り込むことに。
その割りにいつも家を破壊しまくってる気がしますが。





最大HPが23になって、ホクホク状態。
多少の無理もこれで利くってものです。
敵の攻撃なんか気にせず、突撃だー!






HPが何点あろうと、棘で即死するゴッド。


というかこの棘には、神殺しの何かでも塗ってあるんでしょうか。
ありえない破壊力を持ってます。
鍛えられた屈強の肉体を持つ魔物軍団より、棘一本の方が強いとは……






こんな小さな棘でも……








        iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人




小さくても切れ味ぴりりズンとくるような、スパイシーな棘なのでしょうか。



しかし、モンスター軍団も棘に負けじと特訓を積み重ねてるのか知りませんが、
「もはや攻撃力1は時代遅れ!」と言わんばかりの激しい攻撃を神にかましてきます。






例えばこのガイコッツ。一件弱そうに見えますが、
口から吐く弾は、なんと3点の攻撃力を持っています。
落ち着いて一匹ずつ対処すれば、ノーダメージで行くことはたやすいですが、
初見で行くと、知らない間にHPが減っていて、驚くこともあるかと思われます。


苦労の末、敵の猛攻を振り切り、なんとかボスのいる場所までたどり着きます。






これがボスです。カーリアという名前だそうです。






というわけで、マラーナ後半クリアです。

戦闘の詳細?スターダストレイン3発で終わったから知らん。
攻撃パターンすら語られることなく散ったカーリアカワイソス



マラーナ神殿に戻った後は、指導者の大反省会です。






すまん、家壊したの俺だわ。






なんかものすごく勘違いされてる気がしないでもないですが、まあ気にしないでおきましょう。
判ればいいんですよ判れば。
今後は唯一神である又吉イエス自分に逆らうことなきよう、精進してくれたまえ。



さて、マラーナは人口がほぼMAXになりましたし、やることはほぼ終わったのですが……
実はここに、カサンドラで拾った一枚の石版があるのです。
左上の方にある鳥の地上絵が書いてある場所で拾ったのですが、
マラーナの右上にある島が、鳥の形をしていまして、
使い所はここらへんかな?と思い、石版を使ってみることに。






…………使うってどうやって?

その解答は、マラーナ指導者の二人から聞くこととなります。








使う = 天から投げ捨てる。



なんともはた迷惑な神です。自分のことですが。

そして、二人は石版のある場所へ調査しに行くと宣言し、旅立ちました。
他力本願な他地域の指導者と違って、随分と精力的に働きますねえ。







▲航海中







▲調査中







▲帰還中







さて、その結果は…………?








ダメじゃん。


で、二人が言うに「樹木が密集しているため、うまく探せない」とのこと。
樹木がうっとおしい?だったら焼き払えばいいじゃない。



(どかーん)



調査していたところの木を消し炭にしたので、これで調査もはかどることでしょう。
いやあ、たまにはマトモな意味での雷を使ってみるモノだなあ。

天使「あんたそれでも神ですか。」



で、もう一度調査に旅立った結果、何かを持ち帰ってきたようです。






ああそうだった。サタンから逃げ帰るときに、ここに落としたんだったわ。

天使「……ということは、この石版を作ったのも?」

取りに行くのが面倒くさかったから、メモ書いて地上に投げておいたんだったわ。アハハハ

天使「………………###」







       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     /
       /  もう疲れました   /_____
       /  故郷へ帰ります  /ヽ__//
     /               /  /   /
     /   探さないでください /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  / 天 /
 /             /    / 使 /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





まあ、次のステージが始まる頃には帰ってくるでしょう(笑
マラーナも落ち着いたことだし、軽くバカンスを満喫してから、最後のステージ・ノースウォールへ旅立とうと思います。







     - 続く -






第十話へ  レビュートップへ戻る  第十二話へ