みなさんこんにちわ。さたどらです。
タクティクスオウガに続くSRPG第2段エルヴァンディア、今日も始めていきます。


今回は、まず戦闘面の解説からしていきます。
基本的なルールはFEと殆ど同じですけどね。





前回使った画像と同じものになりますが、マップはこんな感じ。
前回「地形効果」と軽く触れましたが、これは何かといいますと、
森とか「攻撃されにくい場所」に身を潜めることで、回避率を上げたり被ダメージを減らせる効果があるのです。
故に、基本戦術としては「有利なポジションに陣取り、敵を地形効果の無い場所から攻撃させる」となります。






っと、味方の増援が来たようです。
このお三方、どうも父モルデンの指示を受けて、アシュレイの後を追っ掛けてきたようでした。
モルデンはアシュレイが単騎でこっそり抜け出すことを既に予見していたらしく、
重要戦力である3人を、アシュレイに付けたということです。
流石モルデン太っ腹ですなあ……
彼はその間に、情報と兵を集めて対策を練る、といったところでしょうか。






スタンリーはともかく、ワイツとランバントは戦闘力がかなり高く、流石ジェイガンポジといったところでしょうか。
キャプ画取るのを忘れたので比較しにくいですが、アシュレイ達は攻撃力がせいぜい12〜13程度に対し、
ワイツは圧巻の攻撃力27。
なので、攻略するだけなら、彼らを特攻させていけば何の問題もありません。
が、どうせ彼らを特攻させてもアシュレイ達の成長にはならんので、
できる限り関与させず、若輩者に敵を攻撃させる方法をとります。






スタンリーのレベルが上がりました。
本作はFE準拠の計算システム、即ちアルテリオス計算式が使われてます。
そのため、防御+1=ダメージ1点軽減になるため、防御が上がるのはいいことです。
魔防1というのはどうなんだとは思いますが。






そんなこんなで、部隊長オズワルドを撃破。
ジェイガンポジの2人が高火力な反面、それ以外の3人は火力がかなり低く、
ザコを倒すのに3〜4撃程必要になります。
が、本作は敵撃破経験値がかなり少なく、攻撃命中時の2倍程度でしかないので、
倒すよりもアクションを沢山起こさせた方が良い感じがします。






これがエルヴァンディアの一部?になります。
右上がルーメン、中央下がカストールで、アシュレイはわざわざ山道を通ってルーメンに移動してます。
街道を通ると、ゲネス軍に見つかる可能性があるからでしょうか?

また、ゲネス軍はおそらく北から攻めてきたモノだと思われます。
北部は平野が広がっており、確かに守りにくい所ではあります。
が、こういう場所だからこそ平城とか砦を幾つか築いたりとかするものだと思うのですが、
そんなあっさり王都が陥落するものなんでしょうか……?


少し考察タイム。
アシュレイが深夜にカストールを発ち、日が昇る頃には画面中央の戦場の場所まで移動したことを考えると、
2日、どんなに長く見積もっても3日もあれば、カストールからルーメンに行くことはできそうです。
しかもこれは山道での話ですから、海岸線沿いの街道を使って早馬を飛ばせば、
1日くらいで到着出来そうです。
なのに、カストール領主モルデンへの第一報が、ルーメン陥落…

説明書通りの人物なら、モルデンは相当戦略・用兵面に長けた人物であり、
王族からの信頼も厚いはずで、王都がピンチなら真っ先に救援を命令するでしょう。
しかしそれをする間もなく王都が落ちていることを考えると……


・ゲネス軍の進軍速度が異常に速い
・それに対するルーメン軍の対処が不十分で、仮に砦があったとしても1日持たず落とされている
・ルーメン軍に内応者がいたため、対処が遅れた
・王が面子を気にしたため、モルデンへの連絡が遅れた


……等の可能性が考えられます。最後のは割りと妄想入ってますが。
こんな状況の中で、王がまだ存命しているとは考えにくいですが果たして……






王都ルーメンに到着しました。
既に町中はボロボロになっており、この背景一枚絵だけで、如何にボコボコにされたかが伺えます。
王都陥落から、どんなに最短で見積もっても3日。
ここまでボロボロだと、兵達の略奪やら女を襲ったりとかいろんなことされてそうですよね。


王都到着で新たな人物と出会ったのでご紹介。






護衛隊隊長のヴァルモンという人物です。
親衛隊と何が違うのかわからなかったのでググってみましたが、まあ似たようなものでしょうか。
どっちもボディーガードですからね。


で、なんで護衛隊の隊長とやらが、こんな城下町で彷徨いているのか。
普通なら王の側にいるはずなんですが……






というわけで、エルヴァンディア国王グットウッド3世、既に他界されてました。
まあ王都陥落から3日も経っている上に、護衛隊隊長が町中を彷徨いている時点でお察しでしょうけど……
しかし、「あのゲネスが」という部分、なんか気になりますね。
元々は友好国だったのか、若しくは弱小国だったのか。



国王が既にいないとなれば、次に身柄を確保しないといけないのは、皇太子のシャルルです。
ちなみに彼の容姿ですが……(ちょっとだけ先のネタバレ入ります)






そっち系の人を瞬殺しそうな容貌してますね。




     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }   その腰を振ること風の如く
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }   その屹立すること林の如く
    |! ,,_      {'  }  
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   犯しまくること火の如く
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ  ケツを締めること山の如し




余談ですが、本作のキャラデザは藤原カムイ氏が担当しています。
そのためか、キャラデザに大きな破綻がなく、この部分に関してはある程度安心して見れます。
但し、キャラ設定を見なかったらの話ですが。


アシュレイ 14歳
シャルル 14歳
サックス 17歳
スタンリー 15歳
ワイツ 45歳
ランバンド 21歳
ヴァルモン 24歳






ヴァルモン(24)


その他のキャラも、外観と年齢があまり合致していないような……
アシュレイは17歳くらいで妥当な外見でしょう。
シャルル以外は全員+3〜5歳くらい上げてようやく妥当な気がしますが、どうなんでしょう……
ヴァルモンなんて40歳前後でも全然違和感ないと思うのですが。


では、女性キャラはどうでしょうか。
まだ登場はかなり先だと思いますが、説明書には載っているので、
本作のヒロインらしき人物をご紹介しておきましょう。







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





   / ̄ ̄\
 /   _ノ ヽ\
 |   (●)(●) |
. |   (__人__)  |  (センサーが全く反応しねえ……)
  |   ` ⌒´  |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  これで14歳?
  |     ` ⌒´ノ   20代の間違いじゃねえのか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \





こんな感じで、藤原氏のキャラデザと設定が全く噛み合ってない感が半端ないです。
キャラに魅力があるかどうかは今後の話次第で決まりそうですが……



っと、話が横に逸れすぎた。本編戻ります。
話を簡単に纏めると、「皇太子は行方不明だが、アシュレイが場所を推測したのでそこを捜しに行く」という方針になり、
実際シャルルがそこにいたので、救援するということになりましたとさ。






今回の敵部隊長のメモラルです。
この画面から12スクエアほど左上に進むと、シャルルと近衛兵護衛隊隊長 …… ヴァルモン
その部下 …… 近衛兵

(´・ω・`)?????????
3人がおります。
そして、シャルルから約16スクエア離れた位置に、アシュレイ達が登場します。
敗北条件は、アシュレイ若しくはシャルル敗走。皇太子を守れミッションになります。
この手のものは高難易度なものが多く、歯ごたえがありそうな気がしました。



……が、メモラス周辺にいる重装歩兵軍、何故か初期位置から1歩も動きません。
一応、その他に軽装歩兵が何人かいるのですが……






こちらは近衛兵でも軽くあしらえるレベルの弱さ。
一応シャルル自身は柔らかいので、被弾しすぎると落ちてしまいますが、
HPが減ったら減ったで近衛兵が回復アイテムを使うので、普通にプレイしていたら落ちる要素がありません。
いくら入門用ステージとはいえ、やりすぎてませんか……?






前回キャプってたのを忘れていたので、
戦闘結果予想画面の方をご紹介しておきます。
これだけの情報があれば、特に不足することはないでしょう。
相変わらずサックスはもやしっ子ですが……


ジェイガンコンビを前に押し出していけば、ほぼノーダメージで倒せるので、
正直非常に簡単です。SRPG初心者でもどうにかなります。


では、大将メモラルのスペックはどうでしょうか。






一言でいうと、めちゃんこ弱いです。
何がどう弱いかというと、こいつは攻撃力が12しかないことです。
なんと重装歩兵(攻撃力13)に負けちゃってます。
この手のボスは、火力が高いのがお約束なのでは……
ジャベリンによって、2スクエア攻撃が可能ではありますが、
こいつは初期位置から一歩も動かないので、2スクエア攻撃が全く生かせません……



じゃあせめてワイツで削って、アシュレイ辺りにトドメをささせようと思ったのですが……






クリティカル発動により、メモラル瞬殺。
びっくりするほどオーバーキルで、キャプ画取ってる間も与えてくれませんでした……

ちなみに本作のクリティカルの仕様なのですが、クリティカルが出たらどんな敵でもほぼ瞬殺です。


●一般的なFEのクリティカルダメージ
(攻撃力-防御力)=ダメージ
             ↑この部分を3倍する


●エルヴァンディアのクリティカルダメージ
攻撃力-防御力)=ダメージ
  ↑この部分を3倍する


……RPG慣れしてる方なら、この仕様がどれだけ大味か、容易に想像が付くと思います。
3倍になるのが最終ダメージではなく基礎威力であるため、敵の防御力にもよりますが、
通常ヒット時に比べて4〜7倍くらいの超強力な一撃になります。

FEのクリティカルでも十分痛いのに、それをさらに上回る一撃って……
敵からのクリティカルは絶対に貰いたくないですね…………



何はともあれ、シャルル救援に成功したアシュレイ達は、
一度態勢を整え直すべく、父モルデンのいるカストールへ行くことを決めました。
今回はゲネス軍のお尋ね者シャルルがいるので、出来るだけ敵に気付かれたくありません。
そのため、山道を行くのがセオr……

















▲アシュレイの撤退プランを見た時の筆者







何故かカストールで買い物は出来ます。







     - 続く -